成年年齢引下げに関する法教育教材

法教育委員会では、成年年齢引下げに関する法教育教材を作成いたしました。ご活用いただけますと幸いです。


動画

「18歳で成年になる? それってどういうこと? どうしたらいいの?」大丈夫です!この動画を観れば、どんな心がまえをしておけばいいかはバッチリです!

 

これからは、皆さんも立派な社会の一員!動画を観て、さぁ準備しましょう♪


民法が改正され、2022年4月から、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられました。そうすると、皆さんは、自分の責任と判断で契約を結ぶことができます。そう、社会の構成員として、自律した大人として、行動することになるんです!


でも、それってどういうこと?どうしたらいいの?と思いませんか?


この動画では、成年を迎えるにあたっての心がまえや自分で契約を結ぶ場合にどう振る舞うかということの基本を紹介しています。


なお、本動画は部屋を借りる際の賃貸借契約の締結をモチーフにしていますが、実際の賃貸借契約の締結の場面では、本動画で紹介していることに加え、地域や物件にもよりますが、保証人を付けるよう求められるなど、さまざまな手続きが必要となる場合があります。でも大丈夫、基本は動画のとおりです。


そんなの難しい!自分には無理!とは思わずに、まずは基本を身につけて、難しいことは自分で調べたり、周りに聞いたりしながら、自分の力で世界を広げてみませんか?


1 心構え編

【18歳になる皆さんへ】成年?何がどうなるの?教えて!弁護士さん!心がまえ編|日弁連|



2 実践編

【18歳になる皆さんへ】成年?何がどうなるの?教えて!弁護士さん!実践編|日弁連|


教材

icon_pdf.gif「賃貸契約書を作成してみよう」授業案・ワークシート (PDFファイル;217KB)

icon_pdf.gif【資料1】賃貸広告 (PDFファイル;545KB)

icon_pdf.gif【資料2、3】賃貸人メモ、賃借人メモ (PDFファイル;112KB)