刑事司法の改革

2nd2.jpg
日本の刑事司法制度の改革を追求し続けます。

日本の刑事司法は、裁判員制度の開始によって大きく変わろうとしています。それまでの書面中心の調書裁判から公判中心の裁判へと変わろうとしています。
しかしそれでもなお多くの課題があります。その一つが「人質司法」です。「自白をしないと長期間拘束される」という運用が今も続いており、虚偽の自白を生み出す危険があります。また、無罪を主張する市民が長期間拘束され、生活や仕事を失う現状は、無罪推定原則に反するものです。
この人質司法の現状については国際社会からの非難も強くなっているところです。「人質司法」以外にも取調べへの弁護人の立会いなどさまざまな課題があります。
日弁連は、刑事分野でのさまざまな課題の改革・改善に向けて、調査研究や立案、運動を展開しています。