弁護士を知る

弁護士を知る、弁護士を目指す
弁護士は、社会で生活するみなさんの「事件」や「紛争」について、
法律の専門家として適切な予防方法や対処方法、
解決策をアドバイスする「社会生活上の医師」です。
弁護士を知る
弁護士は社会の中で、
どんな役割を担っていますか?

弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とし、この使命にもとづいて誠実に職務を行います。

弁護士を知る
基本的人権を擁護し、社会正義を実現するのが弁護士の使命です。 弁護士の使命と役割
弁護士はいかなる権力にも屈することなく、自由独立でなければなりません。 弁護士自治
弁護士となるには、資格を得た上で、日弁連に登録されることが必要です。 弁護士の資格・登録
弁護士を目指す
弁護士になるには、
どうすればよいですか?

日弁連では、小・中・高校生の方に弁護士の仕事に興味を持っていただくために、弁護士とふれあうさまざまな機会を用意しています。

弁護士を目指す
司法試験後、司法修習と修了試験を経て法曹資格が得られます。弁護士になるには弁護士になるには
弁護士はどのような1日を過ごしているのでしょう。S弁護士の1日弁護士の一日
弁護士には、交渉や裁判だけでなく、多くの活躍の場があります。さまざまな活躍の場さまざまな活躍の場
【弁護士という進路に関心のある高校生以上のみなさん】弁護士に会って直接質問してみませんか。 弁護士に会ってみよう!
【高校生以下のみなさん】学校の課外授業として、 弁護士とお話ししませんか。 弁護士による課外授業
弁護士の採用をお考えの皆さまへ
弁護士を企業・団体で採用してみませんか?

法律の専門知識を活かし、企業・自治体などの組織内で組織の⼀員となって活躍する弁護士が増えています。

組織で活躍する弁護士
企業の法的リスク判断、法務・コンプライアンス強化のために 企業内弁護士の採用
法律の専門家として、適法・適正な自治体行政に貢献 自治体内弁護士の採用
社外取締役及び監査役の候補者として女性弁護士を 社外役員の採用
司法修習生の皆さまへ
弁護士として活躍できる場が、皆さんを待っています。

弁護士として活動するためには、全国にあるいずれかの弁護士会に所属する必要があります。全国からメッセージが届いています。

司法修習生の皆さまへ