司法基盤の整備・拡充

2nd4.jpg
市民のための司法基盤の確立をめざします。

司法は、刑事や民事・家事・行政だけに分類できるものではなく、これらの分野に属さない問題や全分野に共通する課題もあります。 例えば、裁判時はもちろん裁判前を含め、問題を解決する制度が充実し、手続が利用しやすく、迅速な対応がなされているかは、司法制度全体に関わる重要な問題です。また、弁護士へのアクセスの改善も重要なテーマです。
法テラスに引き継がれた民事法律扶助事業は、経済的な理由から法的援助を受けることができない人に対する弁護士費用等の援助を行っています。日弁連は、民事法律扶助事業予算の増大に向けた関係機関への働きかけや、利用者目線に立った運用改善を法テラスとの協議を行っています。