自治体の方

自治体内弁護士を活用しませんか?
自治体の運営にも弁護士の専門的な知見が活かされています。

自治体内で任期付職員等の公務員として働く弁護士(自治体内弁護士)は、その専門的知見を活かし行政のさまざまな現場で活躍しています。

自治体内弁護士
スクールロイヤーを活用しませんか?
教育現場に法的観点から向き合い、子どもの権利や利益を守ります。

学校現場で生じる様々な課題に適切に対処するためには早期の対応が必要になります。弁護士が学校のパートナーとなることで各種課題への対処も可能になり、子どもの人権を守ることにもつながります。

スクールロイヤー
法教育を取り入れませんか。
法的な考え方を身につけることで、社会の中で生きていく力を得られます。
法教育
弁護士は市民オンブズマンの中心メンバーとして、住民の方々に対しアドバイスを行ったり、訴訟を遂行したりしています。 行政外部からのチェック
行政機関の職員として弁護士を採用しませんか。訴訟や立法・条例の起案など様々な場面で活躍します。 行政内部での活躍