民事介入暴力の根絶(民事介入暴力対策委員会)

活動の概要

日弁連では、各弁護士会が行う民事介入暴力事案の被害者救済と防止に関する諸活動を援助または指導することを目的として、民事介入暴力対策委員会を設置しています。


民事介入暴力対策委員会では、次のような部会を設置して活動しています。



  • 暴力団・組長責任研究及び市民・住民支援に関する部会
  • 取引排除の法理研究及び実践に関する部会
  • 不当要求に関する法理研究及び対策に関する部会
  • 民暴対策制度研究に関する部会

詳しい活動内容や最新の情報

民事介入暴力対策大会

日弁連は、1975年から民事介入暴力対策に取り組んできました。


民事介入暴力の実態には地域差があることから、各地で民事介入暴力対策大会を開催し、警察や民暴事件に巻き込まれるおそれのある市民の皆様にも参加をを呼びかけております。


次回の開催は下記のとおりです。

 

第88回民事介入暴力対策新潟大会  
日時 2018年11月2日(金)
場所 新潟県民会館
 

平成29年度 建設業における不当要求に関するアンケート(調査結果)

本資料は、企業における反社会的勢力への対応の実態や、平成19年6月に政府が策定した「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」の導入状況等を把握するため、平成29年8月に全国の建設業10,000 社を対象として、反社会的勢力による不当要求の有無やその内容、「指針」に基づいた反社会的勢力との関係遮断の取組状況等についてアンケート調査した結果をとりまとめたものです。

 

30周年記念論文集の刊行

2010年(平成22年)6月、日弁連民事介入暴力対策委員会の発足30周年を記念して、記念論文集「反社会的勢力と不当要求の根絶への挑戦と課題」(社団法人金融財政事情研究会)を刊行しました。

 

arrow_blue_1.gif出版物のご案内