民事介入暴力の根絶(民事介入暴力対策委員会)

活動の概要

日弁連では、各弁護士会が行う民事介入暴力事案の被害者救済と防止に関する諸活動を援助または指導することを目的として、民事介入暴力対策委員会を設置しています。


民事介入暴力対策委員会では、次のような部会を設置して活動しています。



  • 暴力団・組長責任研究及び市民・住民支援に関する部会
  • 取引排除の法理研究及び実践に関する部会
  • 不当要求に関する法理研究及び対策に関する部会
  • 民暴対策制度研究に関する部会

詳しい活動内容や最新の情報

民事介入暴力対策大会・民事介入暴力対策全国拡大協議会

日弁連は、1980年(昭和55年)から民事介入暴力の対策に取り組んできました。


民事介入暴力対策の普及のため、全国各地で、弁護士・警察・暴追センターをはじめとする関係機関向けの協議会と、一般市民の皆様が参加する大会を開催しております。


また、民事介入暴力対策の研究を一層充実させる場として、1998年3月27日に群馬県高崎市での開催を皮切りに、過去6回の拡大協議会を開催しており、次回の拡大協議会は下記のとおり東京にて開催されます。

 

第7回民事介入暴力対策全国拡大協議会東京

日時 2017年11月24日(金)
場所 東京ビッグサイト(東京都江東区)


なお、本協議会は弁護士・警察関係者・関係機関の方を対象とした催事となりますので、一般の方は参加できません。

予めご了承ください。

平成28年度 企業を対象とした反社会的勢力との関係遮断に関するアンケート(調査結果)

本資料は、行政対象暴力の現状を把握し、今後の対策のあり方を検討するために、平成27年6月から7月にかけて、全国の自治体を対象に、暴力団等の反社会的勢力による行政機関に対する不当な要求等の実態、これに対する行政機関の対応、行政機関からの警察、弁護士会、暴力追放運動推進センターに対する要望等をアンケート調査した結果を概要としてとりまとめたものです。

 

30周年記念論文集の刊行

2010年(平成22年)6月、日弁連民事介入暴力対策委員会の発足30周年を記念して、記念論文集「反社会的勢力と不当要求の根絶への挑戦と課題」(社団法人金融財政事情研究会)を刊行しました。

 

arrow_blue_1.gif出版物のご案内