人権理事会(HRC)の活用方法

人権理事会(HRC)は、2006年、それまで存在していた人権委員会(UN Commission on Human Rights、 CHR)に代わって設立されました。人権理事会は日本を含む国連加盟国の人権状況を監視し、改善を促す役割を担う常設の国連機関です。

 

人権理事会設立後に導入された手続に普遍的定期的審査(UPR)があり、すべての国連加盟国の人権状況を定期的に審査しています。

 

さらに、人権理事会のメカニズムとして、特別手続(Special procedures)が存在します。

経済社会理事会(Economic and Social Council)の協議資格(Consultative status)を有するNGOは、人権理事会で次のような活動ができます。

 

  • 人権理事会に対して、議題で扱われる問題に関する意見書を提出する

  • 人権理事会の会合において、議題で扱われる問題に関する発言をする

  • 人権理事会の会期中にサイド・イベントを開催し、人権理事会に出席する政府代表者やNGOに対して情報を提供する

また、次に述べる人権理事会のメカニズムは、経済社会理事会の協議資格に関係なく活用できます。 

 

普遍的定期的審査(UPR)

NGOは利害関係者として、次のような活動ができます。

 

  • UPRに際し、審査対象国の人権状況に関する情報を提出する
  • UPRの作業部会に出席する
  • UPRでなされた勧告を政府が履行するよう、フォローアップのための活動を行う

人権理事会(HRC)に対する通報手続(Complaint procedure)

 

大規模かつ信頼できる証拠のある一貫した形態の人権侵害(consistent patterns of gross and reliably attested violations of all human rights and all fundamental freedomsについては、人権理事会(HRC)に対して申立てをすることができます。(従前の1503手続(the 1503 procedure)を実質的に引き継いだものです。)


日本との関係では、過去に代用監獄制度、シベリア抑留などについての申立てが1503手続に対してなされたことがあります。



通報手続についての詳細は、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)のウェブサイトを御参照ください。

icon_page.png Complaint Procedure




申立書(communications)の送付先は以下のとおりです。


Human Rights Council Branch (Complaint Procedure Unit)
Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights
Palais Wilson
United Nations Office at Geneva
CH-1211 Geneva 10, Switzerland
Fax: +41 (0)22 917 90 11
E-mail: CP@ohchr.org