IBA2014 TOKYO大会

 

「世界と出会い・繋がる1週間-IBA東京大会開催」日本弁護士連合会会長 村越 進

→English


 

日本弁護士連合会会長 村越 進

本年10月、世界最大規模の法曹国際会議である国際法曹協会(IBA)年次大会が、日本において開催されます。世界中から約6,000名と見込まれる数の世界各国の弁護士、法曹関係者が、ここ東京にやってきます。

IBAは、1947年に設立された、世界の200以上の弁護士会と、50,000以上の個人会員で構成される世界最大の法曹団体です。日弁連は、1951年に加盟し、同団体の目的である人権擁護、法の支配及び司法の独立が世界中にあまねく確立されるために、積極的にその活動に関与してきました。  

今回のIBA東京大会の大きな特色の1つに、IBA年次大会が今日のようなスケールで開催されるように発展してから「東アジアで初の年次大会の開催」であることが挙げられます。リーガルマーケットが国際化していくなかで、アジアの法曹界に寄せられている期待、そしてその中で日本の弁護士の果たすべき役割というものを意識しながら、開催国の法曹団体として、日弁連も積極的に大会の開催を応援しています。他方でIBAも、日本の法曹の参加を促すため、年次総会では初めて、日英同時通訳付きのセッションを多数開催しています。

さて、今後50年は日本で開催することはないとも言われているIBA年次大会。私自身が弁護士登録をした頃には、日本でこのような規模の国際会議が開催されるとは、夢にも思っていませんでした。

この大会が、多くの弁護士にとって、視野を広げ、また世界へのネットワークを築き・広げるチャンスになることを期待し、ご参加をお待ちしています。


 

 

前位置に戻る

 

「IBAとリーガル・プロフェッションのアジア・シフト」IBA前会長 川村 明

IBA前会長 川村明

2006年、ちょっとした行きがかりでIBAの事務総長選挙に担ぎ出された時、私は、率直に言って、IBAのこと、殆ど知らなかったと言っていいでしょう。全世界137加盟国弁護士会を相手の選挙運動に驚きましたが、結果はランドスライド的大勝利で当選しました。

国名さえ初めて聞くような、見も知らぬアフリカの弁護士会長から、「アキラ、お前に投票するよ!」などと応援されると、私は自分の人気というより、日本人に寄せられている熱い信頼を実感しました。世界は日本人を待っている、というような!

その後、私は事務総長、副会長、会長とそれぞれ2年ずつ、IBAのトップ・リーダーシップを務めました。一度、選挙で大勝利をしているので、二度と対立候補は出てきません。自画自賛になりますが、その強い支持を背景に、私は、この巨大な世界法律家組織の改革を牽引したつもりです。まず、英米の大ローファームのビジネス・ローヤー中心から弁護士会中心へ、欧米マーケットから中近東やロシアのような新興国へ、そして、何よりもアジア太平洋へのシフトです。私はインドより東のアジアから出た最初の会長なので、この地区でのIBAへの関心を盛り上げることに貢献したと思います。

時を同じくして、世界のリーガル・マーケットは大きくアジア太平洋地区にシフトしています。IBA大会が東京で開催されることになったのも、いわば歴史の必然です。今や、日本のマーケットの狭さをかこつようになった日本の若い弁護士のみなさん、IBA東京大会の機会に、世界にプロフェッショナルの新天地を拓いてもらいたいと思います。


 

 

前位置に戻る

 

主な大会ソーシャル・プログラム開催日程

開催日 開催時間 内容 会場
10月19日(日) 18時~19時30分 開会式 東京国際フォーラム
10月19日(日) 19時30分~22時30分 ウェルカム・パーティー 東京国際フォーラム
10月20日(月) 18時~20時 日弁連主催レセプション
ホストコミッティ・レセプション
弁護士会館
日比谷松本楼
10月21日(火) 8時~9時30分 IBA公式朝食会
共催:大韓辯護士協會・香港律師會
東京會舘
10月21日(火) 18時~ 新規IBA会員のためのレセプション
(Newcomers' reception)
東京国際フォーラム
10月22日(水) 8時~9時30分 IBA公式朝食会
共催:インド法曹協会インド・ローファーム団体
東京會舘
10月24日(金) 19時30~22時30分 クロージング・パーティー
※参加には別途費用(£100)がかかります。
八芳園

 

上記以外にも、IBAの委員会や地域フォーラムが主催する様々なソーシャル・プログラムが開催されます。

 

 

前位置に戻る

 

注目のIBA SHOWCASEセッション

開催日 開催時間 タイトル
10月20日(月) 9時30分~12時30分

We're all human rights lawyers now – the convergence of business and human rights and what it means for you(仮訳:私たちは今や皆が人権弁護士-ビジネスと人権の合流そしてそれが意味するもの)*このセッションの中で、The 2014 IBA プロボノ賞の発表があります。

10月21日(火) 14時30分~17時30分 Best legal practices for an effective global response to human trafficking(仮訳:人身売買への効e果的な国際的対応のためのベスト・プラクティス)
10月22日(水) 9時30分~12時30分 Climate change justice and human rights – Presidential Task Force findings and recommendations for legal and institutional reforms(仮訳:気候変動 正義と人権-IBA会長タスクフォース調査結果と法・制度改革の
ための提言)

 

IBA東京大会期間中には、180を超える様々な分野のセッションが開催されます。 各セッションの詳細については、IBAがIBA東京大会特設ページ上に公表している「PRELIMINARY PROGRAMME」(暫定プログラム)をご覧ください。
【IBA東京大会特設ページ(英語):http://www.ibanet.org/Conferences/Tokyo2014.aspx

 

 

前位置に戻る

 

言語と同時通訳について

IBAの使用言語は、英語ですが、IBA東京大会では、一部セッション等に日-英の同時通訳が入ることとなりました。対象となるセッション等は、以下のとおりです。大会参加登録や出席するセッション選定などの検討の際に、ご参考になさってください。

 

PDF File「IBA東京大会・同時通訳対象セッション等一覧」PDFファイル(205KB)ダウンロードはこちら


 

開催日 開催時間 タイトル
10月20日(月) 9時30分~12時30分

Dispute resolution showcase:
negotiating settlements in cross border disputes
(仮訳:国境を超える紛争における和解交渉)

10月20日(月) 9時30分~12時30分

Three Mile Island、Chernobyl、Fukushima: lessons learnt and being learned
(仮訳:スリーマイル島、チェルノブイリ、福島:過去の教訓・現在の学び)

10月20日(月) 9時30分~17時30分

Asian enforcers roundtable(仮訳:アジア独禁法当局ラウンドテーブル)

10月20日(月) 14時30分~17時30分

How do you do corporate social responsibility in Asia?
(仮訳:アジアにおける企業の社会的責任とは?)

10月21日(火) 9時30分~12時30分 Hot topics in arbitration(仮訳:仲裁における注目のトピック)
10月21日(火) 9時30分~12時30分 Start-ups and capital markets:
'JOBS Acts' around the world – stimulating growth or blowing a bubble?
(仮訳:新興企業と資本市場:
世界中の'JOBS法'-成長を刺激するのか、それとも泡と消えるのか?)
10月21日(火) 9時30分~12時30分 The verdict on 20 years of international criminal justice – national
accountabilityfor the past and international accountability for the present
(仮訳:20年にわたる国際刑事司法の評決
-過去に対する国家の責任と現代における国際社会の責任)
10月21日(火) 14時30分~17時30分 M&A in Asia: inbound and outbound challenges
(仮訳:アジアにおけるM&A;インバウンドとアウトバウンドの挑戦)
10月22日(水) 9時30分~12時30分 Master class: using courtroom litigation to support arbitration in Asia
(仮訳:上級者クラス:アジアでの仲裁をサポートするための法廷訴訟の利用)
10月22日(水) 9時30分~12時30分 IBA SHOWCASE: Climate change justice and human rights –Presidential
Task Force findings and recommendations for legal and institutional reforms
(仮訳:気候変動の法と人権
-法・制度改革のためIBA会長タスクフォース調査結果と提言)
10月22日(水) 9時30分~12時30分 The world invests in Asia and Asia invests in the world
– forum and networking
(仮訳:アジアへの投資とアジアからの投資-フォーラムとネットワーキング)
10月22日(水) 9時30分~12時30分 What makes a successful corporate and M&A lawyer?
 (仮訳:企業弁護士、M&A弁護士の成功の秘訣とは?)
10月22日(水) 14時30分~17時30分 BIC SHOWCASE: Change and opportunity
– the challenge of administering justice in shifting legal environments
(仮訳:変化と好機-変化する法的環境における司法運営の挑戦)
10月22日(水) 14時30分~17時30分 Targeting the Asian market:
setting up or taking over a sales and distribution network in Asia
(仮訳:アジア市場をターゲットとして:アジアでの販売・流通システムの立上げと買収)
10月22日(水) 14時30分~17時30分 Tiered dispute resolution clauses:
best practice and enforcement of obligations to negotiate in good faith
(仮訳:段階的紛争解決条項:ベストプラクティスと誠実な交渉義務の執行/履行強制)
10月22日(水) 14時30分~17時30分 Hot topics in merger enforcement
(仮訳:合併の執行に関する注目のトピック)
10月23日(木) 9時30分~17時30分 Electronic Games Summit(仮訳:電子ゲームサミット)
10月24日(金) 10時~17時 Rule of Law Symposium(法の支配シンポジウム)
◆午前の部テーマ:表現の自由
◆午後の部テーマ:司法の独立

 

各セッションの概要については、IBAがIBA東京大会特設HP上に公表している「PRELIMINARY PROGRAMME」(暫定プログラム)をご覧ください。
【IBA東京大会特設ページ(英語):http://www.ibanet.org/Conferences/Tokyo2014.aspx

 

今後、同時通訳の対象となるセッションが増える可能性もあります。

 

 

前位置に戻る

 

過去の大会参加者の声(2013年ボストン)

「ボストン風景」

「世界各国の法律家との交流ができる!!」
世界中、先進国のみならず発展途上国出身も含め6000人以上の法律家が参加しており、各国の弁護士との交流を深めることができたのは大きな収穫でした。国内にいるだけではマダガスカルやボスニアヘルツェゴビナの弁護士と会うことはなかったでしょう。(56期大阪、新64期福岡)


「ネットワークを実際の業務にも役立てることができた!」
IBA年次大会で各国の弁護士と交流を深めることができたことは大きな収穫でした。実際にも、その後の業務において、IBA年次大会で出会った方々とのネットワークを生かして、アドバイスを求めることもありました。(新64期福岡)


「国際的な問題意識が深まった!」
今後国際化により、外国人滞在者や難民の増加が避けられない状況にある中、国内の人権問題も、国際的な人権問題とも照らし合わせながら議論を深めていくべきではないかと思います。今後もIBA年次大会での経験を役立てていきたいと思います。(新64期福岡)


「ボストン風景」

国内では大きな問題ではないが、今後問題となりうるテーマについて、各国の法律家の問題意識や議論を知ることができたことは大きかったです。(新64期福岡)


人身売買などの人権問題、ベンチャー企業に関する問題など、まだ日本では議論が活発に行われていない分野についても議論が行われ、研鑽を深めることができました。(56期大阪 新64期福岡)


「異なる文化や制度に触れて刺激を受けた!」
IBA年次大会に参加することで、様々な問題や異なる法文化、異なる発想に触れて、凝り固まっていた発想に良い意味で風穴が空いたように思います。(新64期埼玉)


「ボストン風景」

「初めてでも安心!」
IBA年次大会を有意義に活用するため、若手法曹家や初めて参加するメンバーに対し、振る舞い方やネットワークの構築方法などを紹介するセッションがあり、初めて参加した私でも気軽に交流できました。(新64期福岡 65期静岡)


「豊富なセッション・社交イベントが目白押し!」
ビジネスに関するM&A、コーポレートガバナンスから、人身売買、プロボノ、ジェンダー、国際情勢に至るまで、弁護士業として考えられるおよそ全てのテーマが網羅されており、非常に多岐にわたるものでした。(新63期東京)


セッション以外にも、セレモニーやレセプション等、期間中は多数の社交イベントが開催され、情報交換やネットワーク作りに役立てることができました。(新63期山梨 新63期東京 新64期福岡)

 

 

 

前位置に戻る

 

 

大会期間中のイベントのご案内

大会期間中のイベントのご案内 第一東京弁護士会会員 小林 雅人

RAW-ROCK

Law Rocks!は、5年前にロンドンで開始された法律専門家によるチャリティ目的のロックバンドコンテストです。2013年のボストン大会から、IBAの年次大会に合わせて開催されるようになりました。 Law Rocks!の収益金は、IBA Human Rights Instituteと開催地の慈善団体(今回はLiving Dreams)に寄付されます。

 

IBA東京大会に合わせ、Law Rocks! Tokyoは、2014年10月23日(木)19時30分から、渋谷のWWW(http://www-shibuya.jp/access/)で開催されます。皆様のご来場をお待ちしております。

 

*詳細はLaw Rocks!のHP、こちらのフライヤー(PDFファイル;529KB)をご覧ください。


 

 

IBA東京大会・法の支配シンポジウム(Tokyo Rule of Law Symposium)

大会期間中のイベントのご案内

IBAでは、2006年開催のシカゴ大会から毎年、年次大会最終日に「法の支配シンポジウム」を開催してきました。そして、2014年の東京大会においても一般に公開するかたちで、開催されます。是非、奮ってご参加ください。

詳細につきましては、以下又は主催者であるIBAのWebサイトをご覧ください。


Tokyo Rule of Law Symposium(英語):http://www.ibanet.org/Conferences/tokyo_rols.aspx

 

日時 2014年10月24日(金)10時-17時
(午前の部)10時-12時30分
(午後の部)14時30分-17時
会場 東京国際フォーラム・ホールB5-2(東京都千代田区丸の内3丁目5番1号)外部サイトへリンクしますMAP
参加費用 無料
参加対象者 どなたでも参加いただけます(IBA東京大会に登録していない方でも参加可能)
テーマ (午前の部)表現の自由
(午後の部)司法の独立
言語 本シンポジウムには日-英の同時通訳が入ります。

 

 

前位置に戻る