UIA(International Association of Lawyers/国際弁護士連盟)

UIAとは


UIAは、1927年に設立された国際法曹団体であり、200を超える弁護士会をはじめ、約120か国の個人・団体会員が加盟しています。個人会員数は約2000名と、団体会員の所属人数を加えると、世界の約200万人の法曹をカバーすることになり、世界的に認知された団体であるということができます。


同じく世界的な法曹団体である国際法曹協会(IBA)と比較すると、ヨーロッパの個人会員の比率が高いこと、公用語として、英語のみならずフランス語、スペイン語も使用されるなど、多言語・多文化の理念を重視しているのが特徴です。また、国連との定期会合を持つなど、ビジネスのみならず人権の分野でも積極的な活動を行っています。本部はフランス・パリにあり、これまで伝統的にヨーロッパ・アフリカでのプレゼンスが強かったものの、近時はアジアを重視する戦略も取るなど、当連合会にもアジアにおける法の支配・人権問題の核となる弁護士会としての立場が期待されています。


また、UIAには多数の委員会が存在し、各委員会がセミナーを企画するなどの活発な活動を行っています。そのほか、各国の所属会員を構成員とするNational Committee(国別委員会)があり、Japan National Committeeも活発に活動をしています。


日弁連は2018年6月に団体加盟し、年1回開催される年次大会やUN Bar Leaders’ Briefing(国連における弁護士会代表者の会合)に参加するほか、日弁連推薦によるCounselor to the President(会長相談役)が年4回程度開催される理事会に出席するなどしています。


別のページへリンクUIA Webサイトはこちら(英文等)

UIA活動状況等

年次大会スケジュール

・2019年11月6日~11月10日 ルクセンブルク年次大会

別のページへリンク63rdUIA年次大会