LAWASIA(The Law Association for Asia and the Pacific、ローエイシア)

LAWASIAは、アジア・太平洋地域の法曹団体及び法律家の団体です。1966年にオーストラリアのキャンベラで設立され、現在、事務局はオーストラリアのシドニーに置かれています。


その目的とするところは、相互の交流を通じて、各国の司法制度、法律制度、法学教育制度が適切に整備・運用されるように協力しあい、地域社会の発展と国際交流を深めることにあります。


2016年現在、各国・地域の40以上の団体が会員となっています(日本からは日弁連、日本法律家協会、第二東京弁護士会が団体会員として加盟しています)。近年では1年に1回年次大会が開催されており、また、理事会(年1回)・執行委員会(ExCo;年3~4回)が開催されます。

日弁連からは、日本代表理事を指名、執行委員を推薦しており、同理事・執行委員は、LAWASIA理事会及び執行委員会へ参加しています。2013年10月に開催された理事会では、日弁連が推薦した鈴木五十三理事が会長に選出され201511月の年次大会まで会長職を務めました。

 

日弁連は、2002年10月のバンコクの理事会において加盟を承認されました。2003年9月には、第18回大会が日本(東京)で開催され、日弁連は、協力団体として大会成功のために貢献しました。

 

別のページへリンクLAWASIA Webサイトはこちら (英文)

 

 

 

LAWASIA活動状況~大会/セミナー等

年次大会スケジュール

 

 

日弁連のLAWASIAへの参加について

日付 内容
2014年7月3日~5日 「第5回LAWASIA家族と子どもの権利に関する国際会議」 開催
2011年7月8日 野田愛子メモリアルシンポジウム「アジアと日本の家族法」開催
2009年6月11日 LAWASIA2009プレシンポジウム開催
2007年11月21日~22日 『「スポーツ法シンポジウム」スポーツビジネスの展開~北京オリンピックに向けて』開催
2003年9月1日~5日 LAWASIA東京大会開催
2002年10月14日 日弁連の団体加盟承認