弁護士になるには

(1)法科⼤学院に入学して、3年間または2年間学ぶ

法科⼤学院では、法律の理論や実務を勉強します。

経済的事情などで法科⼤学院に通えなくても、予備試験に合格することで司法試験を受験することができます。

 

(2)司法試験に合格する

司法試験には、短答式の試験と論文式の試験があります。

 

(3)研修(司法修習)を受ける

1年間、法律事務所、裁判所、検察庁、司法研修所等で、法律家になるための必要な研修を受けます。研修終了後の研修所の試験に合格すると、法曹(弁護士、裁判官、検察官)になる資格が与えられます。

 

 

弁護士になるには



弁護士の仕事パンフレット一覧

弁護士の仕事、暮らしの全てみせます!

panf-motto.png

弁護士ってどんなことをするの?

panf-shigoto.png

先輩弁護士は、どうして弁護士を目指したのか?

panf-charenge8.png

社会人から弁護士を目指しませんか?

panf-narou.png

最近では、様々な社会経験を積んだ方が弁護士になり、各所で活躍しています。 社会人から弁護士になった人の動機や弁護士になった後の活躍ぶりを覗いてみませんか。