会長からのご挨拶・日弁連Diary

日弁連Diary

 

 

 

会長からのご挨拶

菊地裕太郎会長



今年の夏は、異常気象による「危険な暑さ」が日本列島を覆うとともに、大きな災害が相次ぎ、各地で甚大な被害が発生しました。


平成30年7月豪雨、台風21号及び平成30年北海道胆振東部地震により、亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。


日弁連と被災地を中心とする弁護士会は、阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震などの地震による災害のほか、豪雨に伴う土砂災害、浸水被害などに、被災者の皆様に必要な情報提供や法律相談等の活動を行ってまいりました。


平成30年7月豪雨による災害に際しても、日弁連は発災後直ちに災害対策本部を立ち上げ、被災地の弁護士会と連携し、被災者の方々の生活再建のために様々な支援活動に取り組んでおります。弁護士は、被災者の方々に寄り添い、問題解決の糸口となる適切なアドバイスを行うことができます。弁護士へのご相談は、弁護士会の法律相談の窓口をご活用ください。


私は8月27日に広島県呉市と岡山県倉敷市の被災現場を視察しました。被害の深刻さに言葉を失いました。広島県と岡山県の副知事、倉敷市の市長とも面談し、行政と力を合わせて支援を続けていくことを確認しました。日弁連は、これまでの経験とノウハウを活かして今後も被災者支援活動に取り組んでまいります。


また、6月23日には、福島第一原子力発電所を7名の副会長と福島県弁護士会の執行部とともに視察しました。バスの中から構内を見て回ったのですが、爆発を起こした原子炉建屋のむき出しの鉄骨に息を呑む思いでした。構内は思いのほか放射線量は低く、建屋を除き、見る限りの範囲では、作業員の方々は防護服を必要としませんでした。しかし、各所に黒い袋に詰められた除染土がうず高く積まれ、立入禁止区域が連なるなど、その爪痕は深く、未だに数千人規模で作業をされている方々のご労苦に心を痛めました。原発事故で被災された方々への支援を今後もしっかりと続けていかなければならないと思いを新たにしました。


話は変わりますが、日弁連の国際交流について若干ご紹介します。6月1日・2日に、東京で日韓バーリーダーズ会議が開催され、大韓弁護士協会の弁護士の皆さんを50名ほどお迎えしました。大韓弁護士協会との交流はこれまで長きにわたって続いており、この度もお互いの課題について率直に語り合いました。殊に裁判のIT化が進んでいる韓国の実情について大変参考になりました。


7月20日から22日には、中華全国律師協会(ACLA)と欧州弁護士会評議会(CCBE)の代表が福岡を訪れ、日弁連との会議(中国・欧州・日本の三極会議)が開催されました。移民・難民や外国人労働者の問題、各国の刑事司法制度など、課題は盛り沢山で充実した会議でした。


8月1日からは、1泊4日でオーストラリアの首都・キャンベラを訪問し、アジア弁護士会会長会議(POLA)に出席しました。アジア・オセアニアの各国の弁護士会が多数参加し、熱心なセッションが繰り広げられました。また、私は「ビジネスと人権、法曹」をテーマとしたセッションにおいて、プレゼンを行いました。


ほかにも今後多くの国際交流のための会議等が実施・予定されています。


日弁連は、日本の司法の一翼を担っており、このことは、とりもなおさず世界における日本を代表する司法の顔としての役割を期待されています。国際会議の開催期間中には、参加国との二国間での会議も開かれます。各国の弁護士会会長と親交を深め、国際的な問題で連携し、そして国際水準に沿った人権擁護と平和の達成のためには、このような活動も日弁連の重要な取組の一つです。


いよいよ秋の陣、今年度で最終年度を迎える法科大学院制度の集中改革、いわゆる谷間世代(修習期間中に給費ないし給付の支給がなかった世代)の支援、民事司法改革、法制審議会少年年齢・犯罪者処遇関係部会の議論への対応、そして憲法改正問題など、課題が山積みです。皆様のより一層のご支援をいただければ幸いです。暑い夏から熱い議論の秋へと、あらためて気を引き締めて、在るべき司法に向かって市民の皆様とともに歩みを進めていきたいと思います。




2018年(平成30年)10月1日               
   日本弁護士連合会会長                       

菊地裕太郎会長  

 

2018年・2019年度 会長 菊地 裕太郎(きくち ゆうたろう)
菊地裕太郎会長プロフィール

1977年 東京大学法学部卒業
1981年 弁護士登録(司法修習第33期)
2000年 日本弁護士連合会常務理事
2013年 日本弁護士連合会副会長

       東京弁護士会会長

2018年・2019年度 日本弁護士連合会会長


=主な日弁連委員履歴=

2006年~2008年 弁護士業務総合推進センター 副本部長
2008年~2010年 法曹人口問題検討会議事務局長
2010年~2012年 若手法曹サポートセンター副本部長
2014年~2017年 法律サービス展開本部 自治体等連携センター長

2018年07月01日          会長からのご挨拶(2018年7月1日)


2018年04月01日          会長からのご挨拶(2018年4月1日)

   

日弁連Diary

日本弁護士連合会の直近の動きや会長の対外的活動や出席会議などをご紹介します。