世界弁護士会便覧 欧州

欧州

欧州弁護士会評議会(Council of Bars and Law Societies of Europe)は、1960年に設立され、欧州連合(EU)及び欧州経済地域(EEA)に所在する全ての全国組織の弁護士会を正会員、又、その他欧州諸国の弁護士会をオブザーバー会員とする任意加入団体。

 

アイスランド

アイスランド弁護士会(The Icelandic Bar Association)は、1911年に設立された全国規模の弁護士会で、強制加入である。会員数は、693名(2005年)。弁護士法(By Law on Lawyers)77/1998により設置されている弁護士3名(同弁護士会、最高裁判所及び司法省がそれぞれ1名ずつ指名)で構成される特別な懲戒委員会(Disciplinary Committee)が弁護士に対する懲戒権を有する。

 

アイルランド

弁護士会(バーカウンセル)(The Bar Council)は、全国組織の法廷弁護士(Barrister)の団体で、強制加入である。会員数は1,735名(2006年)。同弁護士会の弁護士業務委員会(Professional Practices Committee)及び弁護士行為裁定委員会(Professional Conduct Tribunal)が懲戒機関であり、依頼者からの懲戒申立てを扱う弁護士行為裁定委員会は、弁護士以外の者も委員となっている。
アイルランド弁護士会(ローソサエティー)(The Law Society of Ireland)は、1852年に設立された全国組織の事務弁護士(Solicitor)の団体で、強制加入である。会員数は、約8,400 名(2007年)。1954‐2002 年の事務弁護士法に基づき、同弁護士会及び事務弁護士懲戒裁定委員会(独立法定機関)が懲戒権を持つ。

 

イタリア

イタリア弁護士会(Consiglio Nazionale Forense)は、1926年に設立された(1933年までは弁護士上部評議会、1933~1944年までは弁護士労働組合中央委員会という名称だった)全国組織の団体。弁護士は、地方弁護士会への加入は強制であり、同弁護士会は全地方弁護士会を全国レベルで代表する団体。各地方弁護士会が所属弁護士に対する懲戒権を持ち、同弁護士会は、懲戒事項についての上訴法廷としての役割を担っている。

 

ウズベキスタン

ウズベキスタン弁護士会(Lawyers' Association of Uzbekistan)は、1997年に設立された全国組織の団体。任意加入ではあるが、ウズベキスタンの弁護士を統括する唯一の公的団体。

 

  • ウズベキスタン弁護士会(Lawyers' Association of Uzbekistan)
    Office 306, 60A, A.Temura Street, Tashke nt 100000, Uzbekistan
    TEL: +998-71-134-86-67/135-87-71

エストニア

エストニア弁護士会(Estonian Bar Association)は、1919年に設立された全国組織の団体で、任意加入であるが、同弁護士会の会員のみが専門職の肩書き「弁護士(attorney)」を名乗ることができる。弁護士会法(Bar Association Act)及びエストニア弁護士会内部規則( Internal Rules of Estonian Bar Association )に基づき、名誉裁判所(court of honour) が懲戒権を持つ。

 

オーストリア

オーストリア弁護士会(Austrian Bar Association)は、1973 年に設立された全国レベルの弁護士会。オーストリアの弁護士は、各州毎に9 つある弁護士会のうち、事務所がある地域の弁護士会の会員とならなければならない。オーストリア弁護士会は、これら州弁護士会を統括する。懲戒権は、各州の弁護士会が持つ。

 

オランダ

オランダ弁護士会(Netherlands Bar Association)は、1952年に設立された全国組織の団体で、強制加入である。登録弁護士数は15,547名(2008年)。弁護士に対する苦情については、最初に地方弁護士会が処理、調査して和解調停を行うが、これで解決しない場合は、全国5か所に設けられている懲戒裁判所(Disciplinary Court)へ送られる。さらに上訴する場合は、懲戒上訴法廷(Disciplinary Appeals Tribunal)へ行う。

 

 

キプロス

キプロス弁護士会(Cyprus Bar Association)は、1961年に設立された全国規模の弁護士会で、強制加入である。各地域毎に弁護士会があり、それぞれの会長と選出代表は同弁護士会の理事会メンバーとなる。会員数は1,752名(2007年)。弁護士法に従い、法務長官、同弁護士会会長、及び同弁護士会会員により選出された5 名の弁護士から成る独立機関の懲戒委員会が、懲戒に関する事項を全て取り扱う。

 

ギリシャ

ギリシャには、70の地域弁護士会があり、それぞれ独立した組織だが、その中で最大のものがアテネ弁護士会で、同弁護士会の会長が全国弁護士会評議会の議長となる。アテネ弁護士会は強制加入団体で、会員は約19,000名(ギリシャの弁護士数:約30,000名)(2005年)。

 

スウェーデン

スウェーデン弁護士会(The Swedish Bar Association)は、1887年に設立された全国規模の弁護士会。任意加入であるが、”advokat”の肩書きを使用することが出来るのは、同弁護士会の会員のみであり、又、刑事事件の国選弁護人として裁判所の任命を受けるのも、事実上、同弁護士会の会員のみ。会員数は4,400名(2009年11月時点のホームページより)。会員に対する懲戒権は、同弁護士会が持つ。

 

スペイン

スペイン弁護士連合会(Consejo General de la Abogacia Espanola)は、1943年に設立された全国規模の弁護士会で、スペインにある83の弁護士会の強制加入団体である。

 

スロベニア

スロベニア弁護士会(Bar Association of Slovenia)は、1868年に設立された全国規模の弁護士会で、強制加入である。弁護士会員数は1,036名(2005年)。同弁護士会が懲戒権を持つ。但し、弁護士法(Bar Act)に従い、懲戒審議会(Disciplinary Board)(最高裁判事2名、弁護士3名で構成)に付すべき件を除く。

 

デンマーク

デンマーク弁護士会(The Danish Bar and Law Society)は、1919年に設立された全国規模の弁護士会で、強制加入である。会員数は約5,000 名(2007年)。同弁護士会の懲戒審査会(Advokatnavnet)が、弁護士に対する懲戒申立てを処理する。懲戒審査会は最高裁判事が議長を務め、一般及び法曹代表がメンバーとなる。議長と副議長は、民間団体が推薦する者の中から司法省が指名。弁護士費用に関する懲戒の申立ては、11 の地方懲戒審査会が取り扱い、その決定については、懲戒審査会に不服申立てを行うことができる。

 

ドイツ

ドイツ連邦弁護士連合会(The German Federal Bar)は、1959年に設立された全国規模の弁護士会で、強制加入である。会員数は133,113名(2005年)。弁護士に対する懲戒処分は、地域弁護士会及び弁護士懲戒裁判所(Anwaltsgerichte)が行う(弁護士法第73条II項4号を参照)。日弁連は、同連合会と2008年に友好協定を締結した。

 

ノルウェー

ノルウェー弁護士会(The Norwegian Bar Association)は、1908年に設立された全国規模の弁護士会で、任意加入である。会員数は約6,900名(2007年)。弁護士に対する懲戒申立ては、まず同弁護士会が任命する7 つの地域委員会が審査し、その後、政府が任命する懲戒委員会の審査に付されることがある(裁判所規則第5 章を参照)。

 

フィンランド

フィンランド弁護士会(The Finnish Bar Association)は、1958年弁護士法により規制される任意加入団体で、同弁護士会の会員のみが「advocates」(フィンランド語では asianajaja)の肩書で業務を行うことができる。会員数は、1,850名((2009年同弁護士会HPより)。

 

フランス

パリ弁護士会は、13世紀に設立され、フランス革命時に解散したが、1810年に再設立された。強制加入団体である。群を抜いて規模が大きい同弁護士会(フランス全弁護士の内40%が同弁護士会会員)の他に、フランスには180の弁護士会があり、これら180の弁護士会が、弁護士会会長会議(la Conference des Batonniers)という組織を構成している。
全国レベルでは、全国弁護士会評議会(Conseil National des Barreaux)が政府機関に対して弁護士を代表し、弁護士行為準則規程を統一化する役割を果たす。

 

ベルギー

フラマン語系弁護士連合会(Order of Flemish Bars)は、2002年に設立されたフラマン語系弁護士会(14団体)の強制加入団体。ベルギーには、フランス語系・ドイツ語系弁護士連合会(Ordre des barreaux francophones et germanophone)もあり、こちらはフランス語系、ドイツ語系弁護士会(14団体)の任意加入団体。各地方弁護士会が懲戒権を持つ。

 

ポルトガル

ポルトガル弁護士会(Ordem dos Advogados)は、1926年に設立された全国組織の団体で、強制加入。会員数は、28,992名(2008年)。同弁護士会が懲戒権を有し、弁護士は決定に不服がある場合には、行政裁判所に申し立てることが出来る。

 

マルタ

マルタ弁護士会(The Chamber of Advocates of Malta)は、1877年に設立された唯一の法定弁護士会。任意加入。会員数は750名(2006年)。弁護士の懲戒については、司法内務省にある司法運営委員会(Commission for the Administration of Justice)内に弁護士・検察官委員会(Committee on Acvocates and Legal Procurators)が設置されており、弁護士に対する懲戒申立ての審査を行い、司法運営委員会に対し、取るべき懲戒処分につき助言を行う。

 

ラトビア

ラトビア宣誓弁護士会(カウンセル)(Latvian Council of Sworn Advocates)は、1921年に設立されたラトビア宣誓弁護士の全国団体。刑事事件の弁護が出来るのは、宣誓弁護士のみ。会員数は、1,055名(2007年)。同弁護士会が宣誓弁護士に対する懲戒権を持つ。

 

ロシア

ロシア連邦弁護士連合会(Federal Chamber of Lawyers of the Russian Federation)は、全国規模の団体で、ロシアの89州の弁護士会を代表する。

 

英国/イングランド・ウェールズ

弁護士会(ローソサエティー)(The Law Society)は、1815年に設立されたイングランド・ウェールズ地方の事務弁護士(solicitor)の弁護士会。会員数は弁護士業務を行っている事務弁護士約93,000名、事務弁護士資格を有する者の合計は、約116,000名(2005年)。
イングランド・ウェールズ弁護士会(ジェネラルカウンセル)(The General Council of the Bar of England and Wales )は、法廷弁護士(barrister)の弁護士会で、1894年に設立された。

 

英国/スコットランド

スコットランド弁護士会(ローソサエティー)(The Law Society of Scotland)は、1949年に設立されたスコットランド地方の事務弁護士(Solicitor)の弁護士会で、弁護士業務を行っている会員は約9,500名(2006年)。事務弁護士に対する懲戒処分は主に同弁護士会が行うが、事務弁護士の除名は独立機関であるスコットランド事務弁護士懲戒審判所(Scottish Solicitors Discipline Tribunal)の管轄である。訴追は同弁護士会に代わって審判所が扱う。
スコットランド弁護士会(The Faculty of Advocates)は、1532年に設立されたスコットランド地方の法廷弁護士(Advocate)の弁護士会で、強制加入である。会員数は768名(業務を行っている者462名、行っていない者306名。2007年)。コモン・ローにより法廷弁護士に対する懲戒権を持つ。

 

英国/北アイルランド

北アイルランド弁護士会(ジェネラルカウンセル)(The General Council of the Bar of Northern Ireland )は、1921年に設立された北アイルランド地方の法廷弁護士(barrister)の弁護士会で、任意加入である。会員数は745名(2006年)。同弁護士会が懲戒権を有する。
北アイルランド弁護士会(ローソサエティー)(The Law Society of Northern Ireland)は、1922年に設立された北アイルランド地方の事務弁護士(Solicitor)の弁護士会で、任意加入である。同弁護士会が事務弁護士に対する懲戒権を有する。