「東日本大震災の被災者に対する援助のための日本司法支援センターの業務の特例に関する法律」の有効期限の再延長を求める要望書

 

2017年7月20日
日本弁護士連合会

 

本要望書について

日本弁護士連合会は、2017年7月20日付けで「東日本大震災の被災者に対する援助のための日本司法支援センターの業務の特例に関する法律」の有効期限の再延長を求める要望書を取りまとめ、同年7月24日付けで法務大臣、各政党、衆議院法務委員会委員及び参議院法務委員会委員宛てに提出しました。

 

本要望書の趣旨

「東日本大震災の被災者に対する援助のための日本司法支援センターの業務の特例に関する法律」(平成24年3月29日法律第6号)の有効期限をさらに3年間延長する旨の法律改正を行うよう要望する。


 

(※本文はPDFファイルをご覧ください)