石木ダム事業の中止を求める意見書

 

 2013年12月19日
 日本弁護士連合会


 

本意見書について

当連合会は、2013年12月19日に本件について意見を取りまとめ、12月25日に長崎県知事へ提出いたしました。
 

本意見書の趣旨

長崎県が計画中の石木ダム事業は、治水・利水の必要性に乏しく、環境影響について適切な配慮がなされていない上、住民との覚書による合意に反するもので、そのまま事業を継続することは容認できないものであるから、中止すべきである。

 


(※本文はPDFファイルをご覧ください)