元京都弁護士会会長刺傷事件に関する会長声明

 

 

平成25年8月8日午後6時30分頃、京都市内の路上で、当連合会会員で京都弁護士会に所属する彦惣弘弁護士(平成16年度京都弁護士会会長)が男に突然襲われ腹部を刃物で刺されて全治2ヶ月の重傷を負うという事件が発生した。


男は現行犯逮捕され、現在、殺人未遂の容疑で勾留されているとのことである。犯行の動機など詳細は今後の捜査の進展を待つことになるが、当連合会がこれまでに得た情報では、同会員は、かつて、男からの依頼により離婚事件を受任していたことがあり、諸状況からして当該弁護士業務に関連して発生した事件と認められる。


平成22年6月には横浜で前野義弘弁護士が、同11月には秋田で津谷裕貴弁護士が、いずれも担当していた事件の相手方によって殺害されるという悲劇が連続して発生している。今回の事件では幸いにも命に別状はなかったようであるが、一歩間違えば一命を奪われかねない事件であり、断じて許されない。


弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命としており、弁護士に課せられているこのような使命の実現は、弁護士活動の安全が確保され、自由な弁護士活動を行うことができる環境があってはじめて実現されうるものである。弁護士が受任事件に関連して、その関係者から生命身体に危害を加えられることは、弁護士制度及び法秩序に対する重大な挑戦である。われわれ弁護士は、このような凶行に屈することなく、一致団結して弁護士業務妨害の排除を徹底していく所存である。


当連合会は、彦惣会員の1日も早い回復を願うとともに、このような暴力的な手段による弁護士活動への妨害行為に対して決して怯むことなく、弁護士の使命を貫徹していく決意であることをここに表明する。

  
    

2013年(平成25年)8月21日

 日本弁護士連合会
 会長 山岸 憲司