東京拘置所における教誨への立会いに関する人権救済申立事件(警告)

東京拘置所宛て警告

2021年3月22日



東京拘置所は、死刑確定者である申立人に対して、指定教誨師による個別教誨を実施する際、教誨室内の申立人と教誨師の発言を聴取し得る位置に職員が常時着座し、立ち会う運用を行っている。


かかる行為は、憲法第19条で保障された申立人の思想良心の自由、憲法第20条で保障された申立人の宗教的行為の自由、憲法第13条で保障されると解される宗教的人格権を侵害する行為であると警告し、また、このような人権侵害行為は、「教誨時における職員の勤務要領について」(平成27年3月16日付け東京拘置所所長指示第21号)に基づいてなされていることから、今後、同種の行為が繰り返されることのないよう、同指示を直ちに廃止するよう警告した事例。