栃木刑務所におけるスカーフ所持拒否等に関する人権救済申立事件(要望)

 

栃木刑務所長宛て及び法務大臣宛て要望

2017年5月12日

 

 

栃木刑務所は、被収容者であったイスラム教徒である申立人が同所内での礼拝に使用していたスカーフを領置し、また、ラマダンの期間中の食事の時間に関する申立人の願い出に対応せず、さらに、ラマダンの期間中の時間の把握に関する申立人の願い出に適切に対処しなかった。栃木刑務所によるこれらの対応は、いずれも申立人の宗教行為の自由という人権を侵害するおそれがあるとして、以下のとおり、栃木刑務所長および法務大臣に対し要望した事例。

1 栃木刑務所長宛て要望
(1) イスラム教徒の女性が礼拝を行うに当たっては、顔以外の部分を十分に覆うことができる程度の長さや形状のスカーフが必要であることに照らし、今後、イスラム教徒の女性の受刑者が礼拝を行うに当たっては、宗教上の行為に配慮した必要な措置を講じること。
(2) イスラム教徒の受刑者がラマダンを行うことを希望した場合は、日の出前にも食事を取ることができるようにするため、通常の夕食のほかに、衛生上問題のない飲食物を別途支給し、それを翌朝までに取ることを認めること。
(3) イスラム教の受刑者が礼拝を行うに当たっては、正確な時刻を把握する必要性があり、特に、ラマダンの時期についてはその必要性が高いことから、時計を使用することを認めること又は自らが正確な時間を確認することができる場所に時計を設置すること。

2 法務大臣宛て要望
(1) イスラム教徒の女性の受刑者が刑務所内で礼拝を行うに当たっては、顔以外の部分を十分に覆うことができる程度の長さや形状のスカーフが必要であることに照らし、被収容者に係る物品の貸与、支給及び自弁に関する訓令の別表にスカーフを明記する等、イスラム教徒の女性の宗教上の行為に配慮した必要な措置を講じること。
(2) イスラム教徒の受刑者が刑務所内でラマダンを行うに当たっては、受刑者の健康管理及び衛生上の配慮を行う一方で、食事の内容や食事を取る時間に配慮するとともに、受刑者が正確な時間を把握することができるよう、各施設に指導すること。