日弁連再審法改正全国キャラバン「刑事訴訟法講義・パネルディスカッション~再審~」


日本弁護士連合会および茨城県弁護士会を含む各弁護士会は、えん罪被害者の人権を侵害する現行刑事訴訟法の再審規定の改正のために、全力を挙げて取り組んでおります。


その中で、「再審規定は、大正11年改正の刑事訴訟法の規定を、不利益再審を廃止した点を除きほぼそのまま引き継いでいる。」「えん罪被害者を救済するための制度である再審について、その手続を定めた再審法(刑事訴訟法第4編再審)に、現行法上、証人尋問手続や証拠開示手続などの具体的手続が規定されていないこと、そのため再審請求事件の審理方法を裁判所の広範な裁量に委ねていることに問題が存在する。」等と、主張しています。


この主張をするためには、刑事訴訟法の正確な知識が必須です。


そこで、長年にわたり刑事訴訟法の研究に従事されております寺崎嘉博弁護士に、再審法改正の実現のため、刑事訴訟法としての再審規定の知識を深めるため、講義をしていただきます。


その上で、パネルディスカッションとして、実際に布川事件の弁護団、布川事件国家賠償請求事件弁護団長としてご活躍された谷萩陽一弁護士および日本弁護士連合会再審法改正実現本部河井匡秀弁護士に加わっていただき、実際の事件を通じて、現行法の問題点から、なぜ、再審法の改正が必要かなどを、質疑を交えてディスカッションしていただきます。


日時

2024年7月19日(金) 17時00分~19時00分

開催方法

茨城県弁護士会別館会議室(定員50名)

(茨城県水戸市大町1-2-6 水戸プライムビル7階)

Zoomウェビナーによるオンライン配信あり(定員500名)

参加費・受講料

無料

参加対象・人数

どなたでもご参加いただけます。

(会場定員50名・Zoomウェビナー定員500名)

内容

講師・パネリスト 寺崎嘉博 弁護士(茨城県弁護士会)

パネリスト 谷萩陽一 弁護士(茨城県弁護士会)

パネリスト 河井匡秀 弁護士(東京弁護士会・日弁連再審法改正実現本部事務局員)

コーディネーター 茂手木克好 弁護士(茨城県弁護士会)

申込方法

<会場でご参加の場合・事前申込制>(定員50名)

<オンライン(Zoom)でご参加の場合・事前申込制>(定員500名)

2024年7月10日までに下記フォームからお申込みください。

定員に達し次第、締め切らせていただきますので、あらかじめご了承ください。

オンライン参加定員となった場合は、別途、アーカイブ配信等の対応をする予定です(茨城県弁護士会ウェブサイトに告知します。)。

(茨城県弁護士会会員の方の申込は、茨城県弁護士会へお問い合わせください。)


icon_page.png申込フォーム

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;1.4MB)

主催

茨城県弁護士会

共催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

茨城県弁護士会

TEL:029-221-3501

備考

■Zoomの操作方法等は、Zoom公式サイトをご参考ください。

icon_page.pngZoom公式サイト

■Zoomでの参加のための通信機器や通信回線等の利用環境はご自身でご準備ください。

■当日の参加は、お申込み1名に対し1アカウントでお願いします。

■Zoomウェビナーの参加URLは転送や公開をしないでください。

■録音・録画は禁止とさせていただきます。

■インターネットを通じた配信については、ご利用されるデバイスや通信環境により配信できない場合や参加いただけない場合がありますので、あらかじめご了承ください。これらの不具合について主催者は責任を負わず、サポート対応等も行いかねますのであらかじめご了承ください。

個人情報取り扱いについての記載:

ご提供いただいた個人情報は、茨城県弁護士会の個人情報保護方針に従い厳重に管理され、本イベントの事務のために利用されます。