新型コロナウイルス感染症に係る政府の緊急事態宣言を受けた弁護士会館(霞が関)の対応について

新型コロナウイルス感染症に係る政府の緊急事態宣言を受けて、弁護士会館(東京都千代田区霞が関1-1-3)では2021年1月8日(金)から2月7日(日)まで、出入口の開放時間の変更等の対応を実施します。


なお、緊急事態宣言が延長された場合にはこの対応も延長するほか、緊急事態宣言に基づく東京都の措置の内容や当会館内での感染拡大の状況によっては変更が生じる可能性があります。



1 出入口について

地下1階地下鉄連絡出入口の閉鎖時間を平日午後8時30分に繰り上げます。平日午前8時30分から午後8時30分まで通行できます。


また、緊急事態宣言発令期間中の第2・第4土曜日は、1階出入口(日比谷公園側・高等裁判所側)および地下1階地下鉄連絡出入口をいずれも終日閉鎖します。


2 地下1階有料駐車場について

地下1階有料駐車場の閉鎖時間を平日午後8時30分(最終入庫午後7時30分)に繰り上げます。利用時間は平日午前8時40分から午後8時30分までとなります。



※弁護士会館内の入居団体の業務状況については、各団体のウェブサイト等をご確認ください。また、営業時間を変更しているテナント店舗(飲食店・物販店)があります。