新型コロナウイルスの感染拡大防止のための弁護士会館(霞が関)の出入口閉鎖等について

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、弁護士会館(東京都千代田区霞が関1-1-3)では緊急事態宣言の解除後も一部出入口の閉鎖等の対応を継続しています。


1 出入口の閉鎖及び立入制限について(2020年6月1日(月)から14日(日)まで)

1階(日比谷公園側・高等裁判所側)の出入口は引き続き閉鎖されています。

地下1階地下鉄出入口は平日午前9時から午後8時まで開放されていますが、一般の方(役職員、会員(弁護士)および法律事務職員以外)は1階以上への立入りができません。

なお、大規模改修工事のため、上記期間中の土曜日・日曜日の日中は東京家裁・簡易裁判所側地下1階の通用口は利用できず、入館に際しては事前の申請または防災センター(電話03-3580-5051)への連絡が必要です。


 icon_pdf.gif弁護士会館地下1階出入口のご案内  (PDFファイル;392KB)



2 地下1階有料駐車場について

地下1階有料駐車場の利用を再開しますが、2020年6月12日(金)までは会員のみの利用とし、一般の方の入庫を制限します。利用時間は平日午前8時40分から午後8時まで(最終入庫午後7時)とします。



※日弁連は一部業務を縮小しています。その他の入居団体の情報は、各団体のウェブサイト等をご覧ください。