当連合会事務総長の新型コロナウイルス感染症罹患及び当連合会の対応について

本年7月17日(金)、当連合会事務局(東京都千代田区霞が関1-1-3弁護士会館16階)に勤務する当連合会の事務総長に、新型コロナウイルス感染症の抗原検査において陽性反応が出たことが確認されました。


また、当連合会会長、副会長全員、事務次長全員及び事務総長との会議同席時間が長かった職員等は速やかにPCR検査を受検し、全員が陰性であることを確認済みです。


本件につき、当連合会は7月19日(日)、弁護士会館の当連合会フロア全般及びエレベーター全基の専門業者による消毒を実施しました。今後も、所管保健所と連携の上、適切な対応をして参ります。