ホームロイヤーのすすめ

高齢社会における、暮らしの安心のために

「高齢になっても住み慣れた地域で生活したい。」というご希望をよくお伺いします。 ところが、高齢になってからも地域で生活を続けることには、さまざまな不安があります。
介護サービスや医療サービスを受けるためには、契約が必要です。悪徳商法や詐欺の被害にあわないように気を付けなくてはいけません。 自分の財産の管理や、亡くなった後の葬儀や財産処分の心配もあります。
そこで活躍するのが、「ホームロイヤー」です。


私たち弁護士は、法的な問題全般について相談に応じ、代理人等として活躍することができます。 自分の健康に不安を覚えたときに気軽に相談できる「かかりつけのお医者さん」がいると安心できるように、 気軽に相談できる「かかりつけの弁護士」がいれば、より安心して地域での生活を続けることができるはずです。
ホームロイヤーは、そんな思いから生まれた仕組みです。



私たちが考える「ホームロイヤー」

高齢者の方を支援するためには、次の3つの視点が必要だと考えています。 この3つの視点に立って高齢者の方を支援するための契約が「ホームロイヤー」契約です。 「ホームロイヤー契約」を結んでおけばいつでも気軽に相談を受けることができます。


トータルに支援する視点

高齢期に生ずる問題は、医療や介護の問題から住まいの問題、財産管理の問題など多種多様です。
元気なときの財産管理も必要であれば、判断能力が減退してきたときの財産管理や亡くなった後の相続の問題も関連しています。
これらを部分的に支援するのではなく、トータルに支援することが必要だと考えています。


継続的に支援する視点

弁護士はトラブルが起きたときに必要な存在と考えられがちです。
しかし弁護士の大事な役割はトラブルが起きないようにすることです。 そのためには、些細なことでも気軽に相談できる弁護士が必要だと考えています。 会社の顧問弁護士や、かかりつけのお医者さんのような存在です。
継続的にかかわっていくことによって、高齢者の方に寄り添い、ご本人の望む支援を行えるのではないかと考えています。


福祉・医療専門職などとの連携の視点

トータルかつ継続的に支援するためには、法的問題だけではなく、福祉や医療の問題にも対応することが必要になります。
しかし、弁護士だけですべての問題に対応することはできません。福祉や医療の専門職と連携をとることができる関係を作り、必要に応じてそれぞれが役割を分担して支援することのできる体制を作ることが必要であると考えています。



ホームロイヤー契約をご検討ください

いろいろな相談をする中で、財産管理を依頼したいと考えれば財産管理の契約を結び、遺言を作成したいと考えれば遺言の作成を依頼することができます。
もちろん、相談だけということであれば他の契約を結ぶ必要はありません。


弁護士費用は?

弁護士費用は個々の弁護士との話し合いで決めていただくことになりますが、長期にわたる継続的な契約で、しかも事業者の顧問弁護士とは異なり個人の生活面の支援を目的とする契約です。 負担することに無理のない金額にさせていただきたいと考えています。


興味をもたれた方は……

まずは、お近くの弁護士にご相談ください。