ホームロイヤーのすすめ

ホームロイヤーはあなたの頼れるパートナー




ホームロイヤーはあなたの"かかりつけ弁護士"です

高齢社会における、暮らしの安心のために

「高齢になっても住み慣れた地域で生活したい」「最後まで充実した自分らしい生き方をしたい」「残していく子ども達に迷惑をかけたくない」というご希望をよくお伺いします。しかし、年齢が進むにつれ、身体能力や判断能力が衰えていく中で、そうした希望が叶えられる保障はなく、むしろ、これまでと同じ生活を続けられるのか大きな不安が伴うようになるのが実情です。介護サービスや医療サービスを受けるためには、契約が必要です。悪徳商法や詐欺の被害にあわないように気を付けなくてはいけません。 自分の財産の管理や、亡くなった後の葬儀・財産処分の対応も考えておく必要があります。

そこで活躍するのが、「ホームロイヤー」です。

私たち弁護士は、法的な問題であれば、あらゆる相談に対応でき、代理人等として活躍することができます。また、これまでの活動を通じて形成された広汎な人的関係を活かして、依頼者の要請に応えることもできます。 自分の健康に不安を覚えたときに気軽に相談できる「かかりつけのお医者さん」がいると安心できるように、 気軽に相談できる「かかりつけの弁護士」がいれば、高齢になっても安心して生活できるはずです。

「ホームロイヤー」は、そんな思いから生まれた仕組みです。


マンガでわかる「ホームロイヤー」とは


私たちが考える「ホームロイヤー」

高齢者の方を支援するためには、次の3つの視点が必要だと考えています。 この3つの視点に立って高齢者の方を支援するための契約が「ホームロイヤー」契約です。 「ホームロイヤー」契約を結んでおけば、いつでも気軽に弁護士に相談ができます。


トータルに支援する視点

高齢期に生ずる問題は、医療や介護の問題から住まいの問題、財産管理の問題など多種多様です。
財産管理一つとっても、元気なときと、判断能力が減退してきたとき、ご自身の死後の相続の問題など、ニーズは様々です。
高齢者の方が憂いなく安心して生活するためには、これらを部分的に支援するにとどまらず、トータルに支援することが必要だと考えています。


継続的に支援する視点

弁護士はトラブルが起きたときだけに必要な存在と考えられがちです。
しかし、トラブルが起きないようにすることも弁護士の大事な役割です。そのためには、弁護士との間で些細なことでも気軽に相談できる関係を築き、状況の変化やトラブル発生の予兆に即座に対応することが有用です。会社の顧問弁護士や、かかりつけのお医者さんのような存在です。
継続的にかかわっていくことによって、高齢者の方の状況の変化にも即座に対応でき、ご本人の望む支援を行うことが可能となります。


福祉・医療専門職などとの連携の視点

高齢者の方の安心した生活を支えるためには、法的問題だけではなく、福祉や医療の問題にも対応することが必要になります。
弁護士だけですべての問題に対応することはできませんが、弁護士が仕事で培った広汎な人的関係を活かして福祉や医療の専門職と連携をとり、必要に応じてそれぞれが役割を分担して支援できる体制を作ることが肝要であると考えています。



弁護士だからできるトータルサポート

弁護士は、法的問題であればあらゆる問題に対応できますので、高齢期に起こる、さまざまなお悩みに対応できます。
任意後見契約を中心として、色々な仕組みを組み合わせて活用することで、本人の状況に応じた財産管理などの支援が可能になります。
以下に基本的な“組み合わせ”をご紹介します。この他にも本人の状況に応じて色々な組み合わせが考えられます。


homelawyer.jpg


見守り契約

高齢期に発生するさまざまな法律問題について相談に応じます。


財産管理委任契約

自分の財産管理やその他の生活上の事務について、代理権を与える人を選び、依頼する内容を決めて委任します。


任意後見

元気なうちに、将来判断する能力が十分でなくなった場合に、自身に代わって、財産管理・身上監護を行う人や支援内容を決めておきます。


死後事務委任契約

本人の死亡後に発生する家の処分や病院の精算、葬儀などの事務を契約により第三者に頼むものです。


遺言

遺言の作成のお手伝いをします。また遺言執行者として選任しておくことにより、亡くなった後に遺言を確実に実現することができます。


民事信託

判断能力が低下した後の、財産管理の方法として使えます。亡くなった後の財産の分配方法を決めておくことで、遺言と同じ役目も果たします。次世代、次々世代まで財産の管理を決めておくことができます。


「ホームロイヤー」への依頼例

お身体の状態や、依頼したい内容に応じて、ホームロイヤーとの契約内容をオーダーメイドで決めることができます。
また、最初からたくさんの依頼をするのではなく、いろいろな相談をする中で、財産の管理を依頼したいと考えれば財産管理の契約を結び、その後、亡くなった後に備えて遺言を作成したいと考えれば遺言の作成を依頼するなど、依頼事項を必要に応じて増やしていくこともできます。
もちろん、見守り・相談対応だけしてもらいたいということであれば他の契約を結ぶ必要はありません。


ホームロイヤー契約をご検討ください

弁護士費用は?

弁護士費用は個々の弁護士との話し合いで決めていただくことになりますが、「ホームロイヤー」契約は長期にわたる継続的な契約で、しかも事業者の顧問弁護士とは異なり個人の生活面の支援を目的とする契約です。 個人の方が無理なく負担できる金額でのご提案が一般的です。


興味をもたれた方は……

まずは、お近くの弁護士にご相談ください。

お電話の際"「ホームロイヤー」の相談で"とお伝えください。