シンポジウム「顔写真で行動を検索できる社会をどうするか-便利ならプライバシーはいらない?-」

昨年9月には、鉄道事業者が、指名手配犯の顔認証データベースをもとに、不特定多数の利用客に照合検索をかける顔認証システムを利用し始めたと報道されました。

警察や、マイナンバーカードを使用する行政機関や民間などによる顔認証システムの運用は広がっていますが、便利に人の行動を検索できる技術を使い続けても問題はないでしょうか。

デジタル社会が本格化するこれからの時代、どうやったらプライバシーを守ることができるのか、ぜひ一緒に考えましょう。


日時 2022年2月16日(水) 17時30分~20時00分
開催方法

Zoomウェビナ-【事前登録制】

参加費・受講料

無料

参加対象・人数 どなたでもご参加いただけます
内容

1 基調報告「当連合会の取組の報告(仮)」
  瀧田 和秀(弁護士/日弁連情報問題対策委員会委員)
2 基調講演「静かなる監視社会~中国デジタル革命の実相と民主主義の行方」
  倉澤 治雄 氏(科学ジャーナリスト)
3 パネルディスカッション「顔認証技術は、どうルール化されるべきか。
《パネリスト》 
  山本 龍彦 氏(慶應義塾大学大学院法務研究科教授)
  若江 雅子 氏(読売新聞編集委員)
  倉澤 治雄 氏(科学ジャーナリスト)
《コーディネーター》
  武藤 糾明(弁護士/日弁連情報問題対策委員会副委員長)

icon_pdf.gifチラシ(PDFファイル; 337KB)

申込方法 申込期限:2022年2月9日(水)

※以下の申込みフォームまたは二次元バーコードからお申し込みください。上記期日までにお申し込みいただいた方におってZoomウェビナーの開催情報をお知らせいたします。

icon_page.png申込フォーム

220216_code.png

備考

【注意事項】
■ 本セミナーには以下の環境が必要となります。
・パソコン、タブレット、スマートフォンなど、インターネット接続のできる機材
・インターネットをご利用いただける環境
※安定した通信環境で接続してください。スマートフォンはWi-Fiに接続してご利用ください。
■ Zoomウェビナーについて

・参加を希望される機材でZoomのインストールをお願いいたします。

icon_page.pngZoomインストール

・イベント前日までに下記リンクよりZoomの利用が可能であるかテストいただくことを推奨します。

icon_page.pngミーティングテスト

※Zoomウェビナーのサービス・機能等に関するサポートはいたしかねます。

■ 当日、何らかの理由で通信が中断し復旧困難となった場合、やむを得ずセミナーを中止する可能性があります。また、PC環境・通信状況等の不具合については日本弁護士連合会では責任を負わず、サポート対応等も行いかねますので予めご了承ください。
■ 日本弁護士連合会では、シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、シンポジウムの様子の録音等を行っております。録音等した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日本弁護士連合会のウェブサイト、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。参加者個人での録音・録画・キャプチャーなどを利用した記録や二次使用は固くお断り申し上げます。

主催 日本弁護士連合会
お問い合わせ先 日本弁護士連合会 法制部法制第一課
TEL:03-3580-9978

個人情報取り扱いについての記載:
ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理いたします。また、この個人情報に基づき、日本弁護士連合会または日本弁護士連合会が委託した第三者から、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他日本弁護士連合会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。
なお、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります。