行政不服審査法シンポジウム-5年後見直しの課題-

本シンポジウムでは、本年度に予定されている行政不服審査法5年後見直しに向けて、改正行政不服審査法の到達点および5年後見直しの課題を探ります。第1部では、5年後見直しに向けた報告とともに、個別の分野における行政不服審査法の状況についても報告をおこないます。第2部では、パネルディスカッションを通じ、行政不服審査法の5年後見直しの課題について議論を深めます。ご関心のあるみなさまのご参加をお待ちしています。



日時 2021年5月17日(月) 16時~18時
開催方法 Zoomウェビナ-【事前登録制】

※ウェビナーによる参加にあたり使用する機器やインターネット接続にかかる費用は各参加者の自己負担になります。

参加費・受講料 無料
参加対象・人数 どなたでもご参加いただけます。
内容

第1部 報告

1 5年後見直しに向けた論点整理
報告者:髙橋滋(法政大学法学部教授)

2 難民不服審査制度の現状と問題点
報告者:高橋済(東京弁護士会・行政問題対応センター委員)

3 情報公開の分野における審査請求の問題点
報告者:小林展大(神奈川県弁護士会)

4 障害者総合支援法の分野における審査請求の問題点
報告者:長岡健太郎(兵庫県弁護士会)

第2部 パネルディスカッション

1 テーマ 行政不服審査法の5年後見直しの方向性を探る

1 登壇者
パネリスト
 髙橋滋(法政大学法学部教授)
 高橋済(東京弁護士会・行政問題対応センター委員)
 小林展大(神奈川県弁護士会)
 長岡健太郎(兵庫県弁護士会)
コーディネーター
 八木正雄(大阪弁護士会・行政問題対応センター副委員長)
 濱和哲(大阪弁護士会・行政問題対応センター事務局次長)

申込方法

申込期限:2021年5月14日(金)

以下のリンクからWEB上でお申込みください。

参加希望多数の場合は先着順となりますので、ご了承ください。

icon_page.png申込フォーム

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;565KB)

主催 日本弁護士連合会
お問い合わせ先 日本弁護士連合会法制部法制第一課

TEL:03-3580-9511

備考 【注意事項】

※本シンポジウムの参加方法につきましては、申込時に入力いただいたメールアドレスにご連絡します。メールアドレスに誤りがありますと、この連絡が届きませんので、ご注意ください。

※パソコン、タブレット、スマートフォンなど、インターネット接続のできる機器とインターネットをご利用いただける環境は参加者各自でご用意ください。参加にかかる機器利用およびインターネット接続にかかる通信料は各参加者の自己負担となります。

※Zoomについては、Zoomサービス規約の内容をご確認いただき、同意の上でご利用ください。

※当日、何らかの理由で通信が中断し復旧困難となった場合、やむを得ずシンポジウムを中止する可能性があります。また、PC環境・通信状況等の不具合については日弁連では責任を負わず、サポート対応等も行いかねますので予めご了承ください。

■Zoomウェビナーについて

・参加を希望される機材でZoomのインストールをお願いいたします。

icon_page.pngZoomインストール

・イベント前日までに下記リンクからZoomの利用が可能であるかテストしていただくことを推奨します。

icon_page.pngミーティングテスト

※Zoomの個別設定、接続不具合等に関するお問合せは、Zoomヘルプセンターをご利用ください。本シンポジウム主催者では技術的なご質問には対応いたしかねますのでご了承ください。

icon_page.pngZoomヘルプセンター

■日本弁護士連合会では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、本シンポジウムの様子の録画を行っております。撮影した写真・映像および録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。参加者個人での録音・録画・キャプチャーなどを利用した記録や二次使用は固くお断り申し上げます。

個人情報取り扱いについての記載:

ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理いたします。また、この個人情報に基づき、日本弁護士連合会または日本弁護士連合会が委託した第三者から、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他日本弁護士連合会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。

なお、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります。