日弁連ひまわり基金20周年記念シンポジウム『ここに弁護士がいてよかった』

「いつでも、どこでも、だれでも良質な司法サービスを受けられる社会」の実現を目指し、日弁連は1999年に「日弁連ひまわり基金」を設立いたしました。本イベントでは、基金の設立および全国初の公設事務所開設(2000年)から20周年を迎えるに当たって、これまでの日弁連の弁護士過疎・偏在対策を紹介するとともに、今後の司法アクセス改善に向けた活動について、関係者の皆様を交え意見交換をいたします。ぜひ、ご視聴ください。


*ひまわり基金とは、市民の方の司法アクセスの改善を目的として、主として過疎地型の法律相談センターへの援助や、弁護士過疎地に日弁連の費用で設置するひまわり基金公設事務所の開設や運営の費用、過疎地で独立して開業する弁護士への開業資金の支援をするための基金です。



日時

2020年11月24日(火) 13時00分~16時15分

視聴方法

このイベントの様子はIBM Video Streamingにて動画配信いたします。

インターネットに接続できる環境があれば、個人のパソコンやスマートフォンから下記リンクにアクセスすることで、どなたでも視聴いただけます。

また、開催後も動画の視聴が可能です。


■視聴はこちらから■

対象

どなたでも視聴いただけます。

内容

●日弁連ひまわり基金の概要説明

・日弁連ひまわり基金の沿革について

・映像による紹介(法律相談センター・公設事務所・偏在対応弁護士等の活動)

・ミニスピーチ 佐藤克哉(弁護士・新潟県弁護士会、元・佐渡ひまわり基金法律事務所所長)

・自治体からのメッセージ 宮川良一(紋別市長) ※動画出演

●基調講演

「司法過疎対策の現状と課題」  飯 考行(専修大学教授)

●パネルディスカッション

「さらなる司法アクセス改善に向けて」

コーディネーター:林 信行(弁護士・第二東京弁護士会、日弁連公設事務所・法律相談センター副委員長、元・十和田ひまわり基金法律事務所所長)

パネリスト:飯 考行(専修大学教授)
伊藤一郎(毎日新聞社記者)
葦名ゆき(弁護士・静岡県弁護士会、元・相馬ひまわり基金法律事務所所長)
米元 悠(弁護士・沖縄弁護士会、元・八重山ひまわり基金法律事務所長)

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;522KB)

申込方法

事前申込不要

主催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会業務部業務第二課
TEL:03-3589-9335


※IBM Video Streamingについて

インターネット回線の状況等によっては、映像や音声の切断が生じる可能性がありますので、ご了承ください。また、通信料は視聴者のご負担になります。