日本弁護士連合会主催ESGセミナーシリーズ「2020年度ESG(環境・社会・ガバナンス)基礎講座第1回 ESG要素を考慮した役員報酬の意義と在り方」

2020年度第1回セミナーでは、「ESG要素を考慮した役員報酬の意義と在り方」をテーマに取り上げます。


役員報酬の設計は、中長期的な企業価値の向上に向けた役員のインセンティブの観点から、コーポレートガバナンスの重要な要素として位置付けられ、近年は会社法の改正や企業内容等の開示に関する内閣府令の改正による役員報酬の開示の拡充等の動きもあります。


また、現在、企業には、SDGsへの貢献および企業自身の持続的成長の双方の観点から、ESG関連リスクの管理・開示とそのための法務機能の強化が求められているところですが、役員報酬の設計にあたって、財務指標に加え、ESG要素を含めた非財務指標を業績連動報酬の業績評価の指標(KPI)として選択し、適切なインセンティブを付与する取組が増えてきています。


そこで、本セミナーでは、機関投資家、報酬コンサルタント、弁護士が登壇し、ESG要素を考慮した役員報酬に関する実務上の取組や弁護士に求められる役割等について検討します。


弁護士のほか、企業、市民社会、政府関係者等の皆様のご参加をお待ちしています。



日時

2020年11月19日(木) 18時00分~20時00分

※アクセス開始は17時45分を予定しています。

開催方法

Zoomウェビナーを利用(事前申込制)

参加費・受講料

無料

※ウェビナーによる参加にあたり使用する機器やインターネット接続にかかる費用は各参加者の自己負担になります。

参加対象

弁護士、企業、市民社会、政府関係者等

※上記を対象としておりますが、どなたでも参加いただけます。

内容・講師

プログラム(予定)

総合司会 高橋  大祐 弁護士(第一東京)

◆基調講演

 「機関投資家がESG投資において注目するガバナンス要素」

 銭谷 美幸 氏(第一生命保険株式会社エグゼクティブ・サステナブルファイナンス・スペシャリスト)

 「ステークホルダーモデル・ESGと役員インセンティブとの統合~コロナ禍を踏まえて~」

 阿部 直彦 氏(ペイ・ガバナンス日本株式会社代表取締役)

◆パネルディスカッション・質疑応答

 パネリスト 銭谷 美幸 氏
阿部 直彦 氏
中野 竹司 弁護士(東京)

 モデレーター鈴木 仁史 弁護士(第一東京)

申込方法

以下のリンクからWEB上でお申込みください(締切11月12日(木))

参加希望多数の場合は先着順となりますので、ご了承ください。 ※参加申込を終了しました

icon_pdf.gif チラシ (PDFファイル;279KB)

主催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会業務部業務第一課
TEL:03-3580-9967

備考

※内容が具体的な体験談等におよぶ可能性があるため、参加者による録音、録画はご遠慮願います。

※本セミナーの参加方法につきましては、申込完了後に送られるメール連絡をご覧ください。申込時に入力いただいたメールアドレスに誤りがありますと、この連絡が届きませんので、ご注意ください。

※パソコン、タブレット、スマートフォンなど、インターネット接続のできる機器とインターネットをご利用いただける環境は参加者各自でご用意ください。参加にかかる機器利用およびインターネット接続にかかる通信料は各参加者の自己負担となります。

※Zoomの利用にあたっては、Zoomサービス規約の内容をご確認いただき、同意の上でご利用ください。

icon_page.pngZoomサービス規約

※Zoomウェビナーの利用にあたっては、接続する機器にZoomアプリをインストールする必要があります。

icon_page.pngZoomインストール

※セミナー前日までに下記URLからZoomの利用が可能であるかテストいただくことを推奨します。

icon_page.pngミーティングテスト

※Zoomウェビナーへの参加にあたっては、Zoom上でお名前とメールアドレスの入力が必要です。

※Zoomの個別設定、接続不具合等に関するお問合せは、Zoomヘルプセンターをご利用ください。本セミナー主催者では技術的なご質問には対応いたしかねますのでご了承ください。

icon_page.pngZoomヘルプセンター


個人情報取り扱いについての記載:

ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理し、本イベントの運営事務に使用します。なお、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります。