~オンライン開催~高齢者・障がい者分野における新型コロナウイルスに関する連続学習会「第1回 ウィズコロナ時代の障害福祉サービスの現場で起きている課題 ~障がい者の権利擁護の視点から~」

新型コロナウイルスの感染拡大により、高齢者・障がい者支援の現場では、福祉サービス提供の停止や面会制限、外出制限がされるなど、支援体制に大きな影響が生じています。


そこで日弁連では、国の施策に詳しい講師を迎えて、障がい者支援の現場ではどのような問題が生じているのか、それに対して国ではどのような施策が取られているのかを学び、新型コロナウイルスの感染が続く中で、障がい者支援の現場でできる限り障がい者の権利擁護を図っていくためには、どのような対応が必要かを考えるため、本学習会を企画しました。


どなたでも参加できますので、ぜひご参加ください。


日時

2020年10月20日(火)17時~19時

※アクセス開始は16時45分を予定しています。

開催方法

Zoomウェビナーによるオンライン開催

参加費・受講料

無料

参加対象

どなたでもご参加いただけます。

内容・講師

講演:「ウィズコロナ時代の障害福祉サービスの現場で起きている課題 ~障がい者の権利擁護の視点から~」

講師:又村あおい氏(一般社団法人全国手をつなぐ育成会連合会常務理事兼事務局長内閣府障害者差別解消法アドバイザー)

当日は、他にも福祉現場の専門職からの講演や、講師と弁護士によるパネルディスカッションを予定しています。

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;164KB)

申込方法

下記のリンク、または二次元バーコードからお申し込みください。【〆切:10月13日(火)】

icon_page.png申込みフォーム

event_201020.jpg

※手話通訳を希望される場合には、10月9日(金)までに下記 問い合わせ先にファクシミリ等でご連絡ください。

主催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL:03-3580-9982/FAX:03-3580-2896

備考

【注意事項】

■ 本シンポジウムへのご参加には以下の機材および環境が必要です。
・パソコン、タブレット、スマートフォンなど、インターネット接続のできる機材
・インターネットをご利用いただける環境
※安定した通信環境で接続をお願いいたします。スマートフォンはWi-Fiに接続してご利用いただくことを推奨します。視聴にかかるインターネット通信料は視聴者のご負担となります。


■ Zoomウェビナーについて

・Zoomウェビナーへの参加にあたり、Zoom上でお名前とメールアドレスの入力が必要です。
・Zoomについては、Zoomサービス規約の内容をご確認いただき、同意の上でご利用ください。

icon_page.pngZoomサービス規約

・あらかじめ視聴を希望される機材でZoomのインストールをお願いいたします。

icon_page.pngZoomインストール

・イベント前日までに下記URLからZoomの利用が可能であるかテストしていただくことを推奨します。

icon_page.pngミーティングテスト

※Zoomウェビナーのサービス・機能等に関するサポートは致しかねます。


■申込状況等によっては、申込締切り前に募集を打ち切る場合があります。御了承ください。

■オンライン中継の参加方法は、開催日が近づきましたら、申込みされた方宛てにメールでご案内いたします。

■当日、何らかの理由で通信が中断し復旧困難となった場合、やむを得ずセミナーを中止する可能性があります(目安として10分以上配信不能となった場合)。

■視聴者のPC環境・通信状況等の不具合について、日弁連では責任を負わず、Zoomの利用方法等についてのサポート対応等も行いかねますので予めご了承ください。

■資料配布は予定しておりません。なお、資料を配布することになった場合は、前日までにこのサイトに掲載いたします。

■配信内容の撮影・録音等は禁止です。


個人情報取り扱いについての記載:

※ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理いたします。この個人情報に基づき、日本弁護士連合会もしくは日本弁護士連合会が委託した第三者より、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他日弁連が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。なお、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります。


※日弁連では、本イベント内容を記録し、また、成果普及に利用するため、映像撮影および録音を行うことがあります。撮影した映像および録音した内容は、日弁連の会員向けの書籍のほか、日弁連のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。