シンポジウム「職場における各種ハラスメントと実務対応」の開催について

2019年に、①労働施策総合推進法、②男女雇用機会均等法、③育児・介護休業法等の改正により職場における各種ハラスメント対策が強化され、2020年6月から施行されます(中小企業は2022年4月まで努力義務)。


①は、我が国で初めてパワーハラスメントについて、事業主による雇用管理上の措置義務を規定。また、②および③は、セクシュアルハラスメントについても新たな規制を課しました。①に基づき、事業主が負う雇用管理上の措置義務の内容や適用範囲をどう考えるか、①~③を踏まえた職場の体制づくりや相談対応について、組織論の専門家である太田肇同志社大学教授をお迎えしてご講演いただき、労使の実務家を交えて検討します。


さらに、2019年のILO(国際労働機関)総会では「仕事の世界におけるハラスメント」を禁じるILO条約が採択されたことから、今回の法改正と条約との異同、今後の立法課題等についても簡単に触れる予定です。


どうぞご参加ください。



日時

2020年10月19日(月)17時00分~19時30分

開催方法

Zoomウェビナ-【事前登録制】

参加費・受講料

無料

参加対象・人数

どなたでも参加いただけます。

内容

第一部:「組織論における職場のハラスメント」(講演)

同志社大学政策学部 太田 肇 教授


第二部:実務の立場から~新法の制定に際して

日本経済団体連合会 鈴木 重也 労働法制本部長

日本労働組合総連合会 井上 久美枝 総合政策推進局長

使用者側弁護士 中井 智子 弁護士(東京)

労働者側弁護士 佐々木 亮 弁護士(東京)


第三部:パネルディスカッション「今後のハラスメント実務対応とは」

進行 渡邊 徹 弁護士(大阪)

申込方法

申込期限:2020年10月12日(月)

※以下のリンクまたは二次元バーコードからお申し込みください。上記期日までにお申し込みいただいた方にZoomウェビナーの開催情報をお知らせ致します。

icon_page.png 申込フォーム

event_201019.png

その他

■本シンポジウムには以下の環境が必要となります

・パソコン、タブレット、スマートフォンなど、インターネット接続のできる機材

・インターネットをご利用いただける環境

※安定した通信環境で接続してください。スマートフォンはWi-Fiに接続してご利用ください。

■Zoomウェビナーについて

・参加を希望される機材でZoomのインストールをお願いいたします。

icon_page.pngZoomインストール

・イベント前日までに下記リンクよりZoomの利用が可能であるかテストいただくことを推奨します。

icon_page.pngミーティングテスト

※Zoomウェビナーのサービス・機能等に関するサポートは致しかねます。

■当日、何らかの理由で通信が中断し復旧困難となった場合、やむを得ずシンポジウムを中止する可能性があります。また、PC環境・通信状況等の不具合については日弁連では責任を負わず、サポート対応等も行いかねますので予めご了承ください。

主催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会法制部法制第一課

TEL:03-3580-9979


個人情報取扱についての記載:

ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理いたします。また、この個人情報に基づき、日本弁護士連合会または日本弁護士連合会が委託した第三者から、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他日本弁護士連合会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。

なお、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります。