オンラインセミナー「改正公益通報者保護法の概要と今後の課題」 

2020年6月に公益通報者保護法が施行から14年ぶりに改正されました。この改正は、通報者保護の拡充、保護の要件の緩和、事業者や通報受付担当者に対する義務の新設等多岐にわたり、企業や労働者等はもちろん、弁護士等の法律実務家にも大きな影響を与えるものです。2年後の施行に向けて、法改正の内容を周知するとともに、今後の課題についても検討を行います。



日時

2020年9月28日(月)17時30分~18時40分

※アクセス開始は17時15分を予定しています。

開催方法

Zoomウェビナー

※申込は不要です。以下のリンクまたはウェビナーIDにて視聴してください。

icon_page.pngZoomを開きます

ウェビナーID:993 7374 4063  パスコード:794714

参加対象・人数

弁護士、企業関係者、労働者、消費生活相談員、自治体関係者等

※主に上記を対象としていますが、どなたでも視聴いただけます。

参加費・受講料

参加費無料・申込不要

内容(予定)

pdfチラシをご参照ください (PDFファイル;206KB)

(前半30分)

改正概要と施行準備(消費者庁・消費者制度課担当官)

改正法の評価と課題(志水芙美代弁護士)

(後半30分)

運動振返りと今後の活動(拝師徳彦弁護士)

pdf拝師弁護士資料 (PDFファイル;166KB)

※その他登壇者の資料は画面共有にて表示します。(配付は行いません。)

通報当事者の声(濱田正晴氏/オリンパス社員)

消費者関連団体からのコメント

※時間は目安です。

主催・共催

日本弁護士連合会

共催(予定):関東弁護士会連合会、全国消費者行政ウォッチねっと、全国消費者団体連絡会、市民のための公益通報者保護法の抜本的改正を求める全国連絡会

その他

■本セミナー視聴に必要な環境

・パソコン、タブレット、スマートフォンなど、インターネット接続のできる機材

・インターネットをご利用いただける環境

※安定した通信環境で接続してください。スマートフォンはWi-Fiに接続してご利用いただくことを推奨します。視聴にかかるインターネット通信料は視聴者の負担になります。

■Zoomについて

・Zoomウェビナーへの参加にあたり、Zoom上でお名前とメールアドレスの入力が必要です。

・Zoomについては、Zoomサービス規約の内容をご確認いただき、同意の上でご利用ください。

icon_page.pngZoomサービス規約

・あらかじめ視聴を希望される機材でZoomのインストールをお願いいたします。

icon_page.pngZoomダウンロード

・イベント前日までに下記リンクよりZoomの利用が可能であるかテストいただくことを推奨します。

icon_page.pngZoomテスト

■当日、何らかの理由で通信が中断し復旧困難となった場合、やむを得ずセミナーを中止する可能性があります(目安として10分以上配信不能となった場合)。

■視聴者のPC環境・通信状況等の不具合について、当会では責任を負わず、Zoomの利用方法等についてのサポート対応等も行いかねますので予めご了承ください。

■資料配布は予定しておりません。なお、資料を配布することになった場合は、前日までにこのサイトに掲載いたします。

■配信内容の撮影・録音等は禁止です。

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第二課

TEL 03-3580-9512

個人情報取り扱いについての記載:

※ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理いたします。この個人情報に基づき、日本弁護士連合会もしくは日本弁護士連合会が委託した第三者より、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他当連合会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。なお、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります。

※日弁連では、本イベント内容を記録し、また、成果普及に利用するため、映像撮影および録音を行うことがあります。撮影した映像および録音した内容は、日弁連の会員向けの書籍のほか、日弁連のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。