日弁連公害対策・環境保全委員会50周年記念シンポジウム「わたしたちは未来を描けるのか~環境法・参加と公開・裁判所の役割~」

気候危機や海洋プラスチックごみ問題などの環境問題を解決するため、脱石油石炭へ向けた国際的な取組が始まっています。しかし、日本ではいまだに石炭火力発電が推進され、使い捨てプラスチック製品の製造の規制もなく、こうした政策に市民が異議を唱えても適切に配慮される仕組みがありません。裁判所は、福島原発事故から時が経つにつれて原発再稼働に協力する判断を示すようになるなど、環境問題の予防・解決する役割を十分には果たせていません。


SDGsの目標年である2030年まであと10年。課題を解決し持続可能な未来を描くために、どのようにして舵を切るのか、皆さんと一緒に考えたいと思います。


日時

2020年11月21日(土) 13時00分~16時00分

開催方法

Zoomウェビナーを利用したオンライン開催

参加費など

参加費無料・事前申込制

参加対象

どなたでもご参加いただけます。

内容(予定)

第1部 2020年、解決されるべき課題

基調報告「気候危機と国内外のエネルギー政策」

  • 大島 堅一 氏(龍谷大学政策学部教授、原子力市民委員会座長)

基調報告「プラスチックを「燃やす」日本、「減らす」欧州」

  • 高田 秀重 氏(東京農工大学農学部環境資源科学科教授)

基調講演「多様な主体が未来を描くために SDGsと参加原則」

  • 大久保 規子 氏(大阪大学大学院法学研究科教授、環境省中央環境審議会委員)

第2部 未来を描くために 

特別報告「環境保全がビジネスを営む理由になる時代」

  • 佐藤 潤一 氏(元 パタゴニア日本支社 環境・社会部門ディレクター)

報告「気候の危機に訴訟で立ち向かう 国内外の動き」

  • 浅岡 美恵 (弁護士、日本弁護士連合会公害対策・環境保全委員会委員)

報告「日本の環境訴訟の発展と課題」

  • 小島 延夫(弁護士、日本弁護士連合会公害対策・環境保全委員会委員)

パネルディスカッション「どのようにして舵を切るのか」(コーディネーター:小島 延夫)

  • 樋口 英明 氏(元裁判官)
  • 大島 堅一 氏
  • 高田 秀重 氏
  • 大久保 規子 氏
  • 佐藤 潤一 氏

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;733KB)

申込方法

申込期限:2020年11月13日(金)

※以下の申込みフォームからお申し込みください。上記期日までにお申し込みいただいた方にZoomウェビナーの接続情報などをお知らせいたします。

icon_page.png申込みフォーム

主催

日本弁護士連合会

備考

【注意事項】

■本シンポジウム視聴に必要な環境
・パソコン、タブレット、スマートフォンなど、インターネット接続のできる機材
・インターネットをご利用いただける環境
※安定した通信環境で接続をお願いいたします。スマートフォンはWi-Fiに接続してご利用いただくことを推奨します。視聴にかかるインターネット通信料は視聴者のご負担となります。


■ Zoomウェビナーについて

・Zoomウェビナーへの参加にあたり、Zoom上でお名前とメールアドレスの入力が必要です。
・Zoomについては、Zoomサービス規約の内容をご確認いただき、同意の上でご利用ください。

icon_page.pngZoomサービス規約

・あらかじめ視聴を希望される機材でZoomのインストールをお願いいたします。

icon_page.pngZoomインストール

・イベント前日までに下記URLからZoomの利用が可能であるかテストしていただくことを推奨します。

icon_page.pngミーティングテスト

※Zoomウェビナーのサービス・機能等に関するサポートは致しかねます。


■当日、何らかの理由で通信が中断し復旧困難となった場合、やむを得ずシンポジウムを中止する可能性があります(目安として10分以上配信不能となった場合)。
■視聴者のPC環境・通信状況等の不具合について、日弁連では責任を負わず、Zoomの利用方法等についてのサポート対応等も行いかねますので予めご了承ください。
■配信内容の撮影・録音等はご遠慮願います。

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL 03-3580-9742


個人情報取り扱いについての記載:

ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理いたします。この個人情報に基づき、日本弁護士連合会もしくは日本弁護士連合会が委託した第三者より、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他日弁連が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。なお、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります 。


日本弁護士連合会では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。