国際仲裁・調停セミナー「国際取引紛争解決手段としてのADRの利用~国際仲裁・国際調停を身近なものに~」

国境を超えた取引や海外投資が年々増加し、企業が法的紛争に巻き込まれるリスクも増加しています。 中小企業も含めた企業経営者・担当者にとって、予め国際紛争解決手段の基本的な知識と最新情報を得ておくことは、企業の活発な国際営業活動に不可欠といえるでしょう。


また、弁護士にとっても、国際紛争に関する予防法務的助言や、顧問先が国際紛争に巻き込まれた場合の緊急対処を求められる場面が増えていくことが予想されます。


本セミナーでは、国際ADRに関する専門家・実務家が、国際ADRの基礎から最前線まで、重要論点を網羅的に解説します。国際取引に関わる企業、支援者の皆様のご参加をお待ちしています。

 

ご存じのように日本におきましても、新型コロナウイルス感染症患者の発生の報道がなされております。
本セミナーの参加者の皆様におかれましては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に咳が出る方はマスクを着用していただくとともに、お一人お一人には手洗いなどの実施・アルコール消毒液の使用など、感染症対策にご協力いただくようお願いいたします。
なお、37.5℃以上の発熱など風邪の症状がある場合には、参加をご遠慮くださいますようお願い申し上げます。


日時

2020年2月27日(木) 13時30分~17時

場所

広島弁護士会館 arrow会場地図

(広島県広島市中区上八丁堀2-73)

参加費

無料

参加対象・人数

弁護士、企業、中小企業関連団体・機関など、どなたでもご参加いただけます。
定員:30名

※申込みが定員に達した場合には受付を締め切らせていただきます。

内容

■基調講演

「国際紛争解決手段の基礎と実践」

講師:早川吉尚(弁護士、立教大学教授、日本国際紛争解決センター事務局長)


「中小企業が国際紛争に巻き込まれないための予防策、国際紛争に巻き込まれてしまった場合の対処法、顧問弁護士・社内法務の役割」

講師:武藤佳昭(弁護士、日弁連中小企業の国際業務の法的支援に関するWG座長)

 

■パネルディスカッション 

「国際仲裁・国際調停の活用の現状・活用の方法」

司会進行 :畑雄太(弁護士、広島弁護士会)

パネリスト:

鈴木五十三(弁護士、日弁連国際商事・投資仲裁ADRに関するWG座長)

武藤佳昭(弁護士、日弁連中小企業の国際業務の法的支援に関するWG座長)

早川吉尚(弁護士、立教大学教授、日本国際紛争解決センター事務局長)

佐藤崇文(弁護士、広島弁護士会)

 

申込方法 

【事前申込制】 ご参加をご希望の方は、添付のチラシに必要事項を記入しFAXでお送りいただくか、メールでお申し込みください。

(メールでお申し込みの際には。添付のチラシの記載事項をメールにご記載ください。)


FAX:03-3580-9840

Email international@nichibenren.or.jp

(※スパム対策として、@を大文字にしています。小文字の@に変換して送信してください。)


icon_pdf.gif チラシ (PDFファイル;493KB)

  

主催

日本弁護士連合会

共催 

広島弁護士会 

後援 

経済産業省中部経済産業局、広島商工会議所、公益社団法人日本仲裁人協会、日本貿易振興機構(ジェトロ)広島、一般社団法人日本国際紛争解決センター

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 企画部国際課
TEL 03-3580-9741

FAX 03-3580-9840

備考

◆日本弁護士連合会職員や報道機関による写真・映像撮影が行われる場合があります。撮影されたくない方は、当日、受付にて申し出てください。

◆申込者が定員に達した場合は本ページにてお知らせいたします。


個人情報取り扱いについての記載:

ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理いたします。また、この個人情報に基づき、日本弁護士連合会もしくは日本弁護士連合会が委託した第三者より、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他当連合会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。なお、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります。また、本票記載の個人情報を参加申込の管理業務のため、日本弁護士連合会から共催団体である広島弁護士会に提供します。以上について同意をいただいた上でお申し込みください。