SBS(揺さぶられっ子症候群)仮説をめぐるセミナー「虐待を防ぎ冤罪も防ぐために、いま知るべきこと」

SBS仮説をめぐって、司法界が揺れています。
2019年(令和元年)10月25日、大阪高裁は、「SBS理論を単純に適用すると、極めて機械的、画一的な事実認定を招き、結論として、事実を誤認するおそれを生じさせかねない」と述べ、乳児を揺さぶり死亡させたとして起訴され、一審で有罪判決を受けた祖母に対し、逆転無罪判決を言い渡しました。


SBS仮説の安易な適用については、重大な疑問が呈されています。
虐待は防がなければなりません。他方で、冤罪や誤った親子分離もあってはならないのです。いま知るべきことについて、徹底的に議論します。

 

日時

2020年2月14日(金) 18時00分~20時00分

場所

弁護士会館17階 1702AB会議室 arrow 会場地図
東京都千代田区霞が関1-1-3
(地下鉄霞ヶ関駅B1-b出口直結)

参加費

無料・事前申込不要

参加対象

どなたでもご参加いただけます。

講師

埜中正博 氏(関西医科大学医学部診療教授)
笹倉香奈 氏(甲南大学法学部教授)
岩佐嘉彦 弁護士(子どもの権利委員会委員長)
秋田真志 弁護士(日弁連刑事弁護センター副委員長)
川上博之 弁護士(日弁連刑事弁護センター幹事)

 

内容

・医学的に見たSBS問題に関する報告
・国内の無罪事例、裁判の状況に関する報告
・国外の状況(無罪判決など)に関する報告
・パネルディスカッション


icon_pdf.gif 会場地図・チラシ (PDFファイル;635KB)

  

主催

日本弁護士連合会

共催 

関東弁護士会連合会、東京三弁護士会、大阪弁護士会、甲南学園平生記念人文・社会科学研究奨励助成研究「児童虐待事件における冤罪防止のための総合的研究グループ」、龍谷大学犯罪学研究センター科学鑑定ユニット

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 法制部法制第二課

TEL 03-3580-9875


日本弁護士連合会では、セミナーの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影および録音を行っております。撮影した写真・映像および録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者に申し出てください。
報道機関による取材が行われる場合、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影されたくない方は、当日、担当者にお申し出ください。