第10回審査補助員・指定弁護士のための全国経験交流集会


毎年実施している全国交流集会を今年は愛知県弁護士会で開催します。今回も2部形式で開催し、第1部では、審査補助員の経験者からの報告等を行い、第2部では、マスコミ関係者として、地元の中日新聞社の社会部記者の方と研究者として平山真理教授(白鷗大学法学部教授)をお招きし、検察審査会をどのように改善すべきか、検察審査会に関わる弁護士がどのような活動をすべきかについて、多角的な見地から議論する予定です。


会員の皆様・一般の皆様のご参加をお待ちしております。


日時

2020年1月31日(金) 14:00~17:00(開場13:30)

※一般の方は15:15開始(開場15:05)の第2部からご参加いただけます。

場所

愛知県弁護士会(愛知県名古屋市中区三の丸1-4-2)
チラシの案内図をご参照ください

参加費・受講料

参加費無料

参加対象・人数

第1部 日弁連会員限定(申込制)
第2部 どなたでもご参加いただけます(申込不要)

内容

第1部
(1) 審査補助員経験者からの報告


第2部(15時15分開始予定)
(2) 日弁連検察審査会に関する委員会の活動と議論状況について
(3) パネルディスカッション

  • 「検察審査会制度および審査補助員活動の活性化に向けて(仮題)」
    ◆パネリスト◆
    • 沢田 敦 (中日新聞記者)
      平山 真理(白鷗大学法学部教授)
申込方法

第1部 申込制(申込み方法については会員専用ホームページをご覧ください)
第2部 申込不要、当日会場へ直接お越しください

 

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;285KB)

主催 日本弁護士連合会
問い合わせ先

日本弁護士連合会 法制部法制第二課
TEL:03-3580-9925/FAX:03-3580-9920



個人情報取り扱いについての記載:

※ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理いたします。また、この個人情報に基づき、日本弁護士連合会または日本弁護士連合会が委託した第三者から、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他日弁連が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。

なお、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります。


※日弁連では、本経験交流集会の内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影および録音を行っております。撮影した写真・映像および録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者に申し出てください。

また、報道機関から要請があった場合には、冒頭部分については、撮影を許可する予定です。撮影されたくない参加者の方は担当者に申し出てください。