市民集会「刑事法廷内における手錠・腰縄問題を考える」 

日本では、被疑者・被告人が刑事法廷内に入廷又は退廷する際、手錠・腰縄をされたままであることが多く、無罪推定の観点などから問題であると考えられます。日弁連では、2019年10月に「arrow_blue_1.gif刑事法廷内における入退廷時に被疑者又は被告人に手錠・腰縄を使用しないことを求める意見書」を公表いたしました。本市民集会では、えん罪被害者であり、その後自身の経験を社会に伝える活動をしておられるミュージシャンのSUN-DYU氏、また元裁判官の水野智幸弁護士を迎えてお話を伺うとともに、劇団往来による寸劇やSUN-DYU氏による歌なども交えて、この問題について皆さんと一緒に考えます。


ぜひ奮ってご参加ください。


日時

2020年1月20日(月)18時00分~19時30分 

場所

弁護士会館17階 1701会議室 →会場地図
(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費・受講料

参加費無料

参加対象・人数

どなたでもご参加いただけます。

内容

・基調報告

日弁連人権擁護委員会委員

・寸劇

「それって必要?法廷内の手錠・腰縄」(劇団往来)

・歌(SUN-DYU 氏)

・パネルディスカッション

〈パネリスト〉

水野智幸会員(第一東京弁護士会会員・元裁判官)

SUN-DYU 氏(えん罪被害者・ミュージシャン)


icon_pdf.gif チラシ (PDFファイル;298KB)

申込方法 

事前申込不要

主催

日本弁護士連合会 

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第一課 
TEL 03-3580-9857



個人情報取り扱いについての記載:

日本弁護士連合会では、市民集会の内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者に申し出てください。
報道機関による取材も予定されており、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者に申し出てください。