家事法制シンポジウム 今改めて「親権」について考える~子の最善の利益の視点から~


近時、未成年の子に関する調停・審判事件が増加する中、子の監護者指定、子の引渡し、親権者の決定等の場面における監護権・親権の判断の在り方が改めて問われています。


親と子の関わりは、未成年の子に心身ともに大きな影響を与え、将来にわたってその健全な成長を左右する場合もあります。そのため、監護権・親権に関する判断は、「子の最善の利益」の視点からなされるべきものですが、その意味するものは必ずしも明確ではありません。


そこで、本シンポジウムでは、諸外国における制度や運用とも比較しつつ、法的及び心理的側面から、改めて「子の最善の利益」の内実を問い直すとともに司法判断のみならず、当事者間において監護・親権に関する合意を形成する場面や、別居後ないし離婚後に子の監護を実践する場面にも焦点を当て、それらのプロセスにおける専門家との連携・協働の在り方についても議論します。

 

日時

2019年12月21日(土) 13時00分~17時00分
※受付は12:30から開始いたします。

場所

弁護士会館2階 講堂「クレオ」BC →会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費・対象

無料・どなたでもご参加いただけます。

内容(予定)

■第1部
1 アンケート報告
村本耕大(弁護士、日弁連家事法制委員会委員)


2 基調報告
芝池俊輝(弁護士、同委員会事務局次長)


■第2部 パネルディスカッション
パネリスト
小田切紀子氏(東京国際大学教授)
床谷文雄氏(奈良大学教授)
笠松奈津子氏(公益社団法人家庭問題情報センター(FPIC)東京ファミリー相談室)
芝池俊輝(弁護士、同委員会事務局次長)


コーディネーター
林千賀子(弁護士、同委員会事務局次長)
稲川貴之(弁護士、同委員会委員)


申込

不要(当日会場にお越しください。また、お席に限りがありますので予めご了承ください)


チラシ (PDFファイル;342KB)

主催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会法制第一課

TEL 03-3580-9881

備考

~ お子様の一時保育サービスについて~

シンポジウム中、ベビーシッター(保育資格者)による、お子様の一時保育サービスをご利用いただけます。希望される方は期限までに以下の連絡先までお申し込みください。
申込み期限:11月29日(金)まで 
連 絡 先 :03-3580-9881(日本弁士連合会法制部法制第一課)



個人情報取り扱いについての記載:
日本弁護士連合会では、シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。また、報道機関による取材が行われる場合があります。撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者に申し出てください。。