障害と人権全国弁護士ネットシンポジウム

 


障害のある人への偏見・差別には根深いものがあります。


偏見を産み出す理由に、子どものころから、障害のある子、ない子が同じ学校のクラスメートとして学び・育つ経験が多くの人にないことがあるのではないでしょうか。


2013年12月、日本も障害者権利条約を批准し、障害のあるなしに関わらず共生する社会の実現が求められています。


しかし、現実には、障害のある子が普通学級から排除されている事案が裁判になっています。


本シンポジウムでは、長瀬修氏から障害者権利条約の最新の動向の報告がなされます。また、共に学ぶ教育を巡る現在進行形の裁判当事者にご登壇いただくとともに、共に学ぶ教育を実践中の教育現場の報告を交え、積極的なセッションが予定されています。


ぜひお気軽にご参加ください!



日時

2019年11月 9日(土) 13時30分~16時30分(受付開始:13時)
2019年11月10日(日)   9時30分~12時00分(受付開始:9時)

場所

2019年11月 9日(土) 弁護士会館2階 講堂クレオBC
2019年11月10日(日) 日本教育会館7階 707会議室


※詳細は下記備考およびチラシをご確認ください。

icon_pdf.gif チラシ (PDFファイル;623KB) icon_txt.gif チラシ (Textファイル;3KB)

参加費

無料 

参加対象

どなたでもご参加いただけます

内容(予定)

○1日目 
講演
「国連障害者権利委員会の日本への事前質問事項について」
講演者 長瀬 修 教授(立命館大学生存学研究室)


裁判報告

「医療的ケア児とインクルーシブ教育を巡る二つの裁判当事者報告」

報告① 愛知の訴訟当事者Aさん(匿名)

医療的ケア児が普通学級に通学するために親の付添を強いることは差別だと訴訟中の原告Aさんと弁護団の報告

報告② 川崎の訴訟当事者光菅和希君とご両親
地域の学校を希望する親子に対して特別支援学校を指定することは違法と訴訟中の原告と弁護団の報告


パネルディスカッション
「実践報告を通して共に学ぶ教育の未来を語ろう」
 ・現場教員、上記訴訟当事者・弁護団
 ・コーディネーター 弁護士大谷恭子
 ・コメンテーター  長瀬修教授



○2日目 報告会
「障害者事件の今」

障害者の権利擁護の最前線とは?全国のネット会員弁護士が、障害者事件の報告を行います。優生保護訴訟弁護団等の報告も予定。


主催

障害と人権全国弁護士ネット

共催

日本弁護士連合会、東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会

お問い合わせ先

障害と人権全国弁護士ネット東京大会事務局
東京都千代田区神田須田町1丁目3番地第9NSビル9階 藤岡毅法律事務所
【TEL】03(5297)6101 【MAIL】fujioka@fujiokatsuyoshi-law-office.com

備考

一日目の会場の弁護士会館の住所は、東京都千代田区霞が関1-1-3。地下鉄霞ヶ関駅のB1-b出口から徒歩1分。会館の地下1階に直結。
ただし、直結エレベーターは車イスで通れないため、車イス利用の方は、地下鉄霞ヶ関駅のA1エレベーターで地上に上がっていただき、1階の出入口をご利用下さい。


二日目の会場の住所は、東京都千代田区一ツ橋2-6-2.
地下鉄半蔵門線と新宿線の神保町駅A1出口から徒歩3分、三田線A1出口から徒歩5分。東西線竹橋駅の北の丸公園側出口から徒歩5分。


一日目と二日目の会場は違いますのでご注意ください。