英国家族法バリスターによるシンポジウム「子の最善の利益と司法の役割」

単独親権から共同親権・親責任へという親子法の大きなうねりの中で、また近年のDV法改正や最先端の生殖補助医療の進展の中で、英国司法実務は子の利益をどのように守ろうとしてきたのか。
これら現代的な諸課題につき、英国の子ども問題の専門バリスター(法廷弁護士)を講師として学びます。
奮ってご参加ください。

 

undefined


日時

2019年10月17日(木) 17時00分~20時00分

場所

日本弁護士連合会17階 1701会議室→会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」B1-b出口直結) 

参加費

無料

人数

【要事前申込】 定員100名(定員に達し次第募集を終了いたします)

内容(予定)

■「子の最善の利益と司法の役割」       <言語:日本語:英語(逐次通訳あり)>
コーディネイト:松野 絵里子(東京弁護士会)


講演1:「親権制度の歴史と子供の最善の利益」
     講師:Ruth Kirby・Rhiannon Lloyd(英国バリスター、4PB)


講演2:「家庭内紛争の解決のプラクティスの中での子供の位置」
     講師:Barbara Mills・Mark Jarman(英国バリスター、4PB)


演3:「生殖補助医療と親子関係」
     講師:Charlotte Baker(英国バリスター、4PB)


質疑応答・意見交換
 ※シンポジウム終了後、懇親会を予定


 

pdfチラシ (PDFファイル;2.1MB)

申込方法

こちらのword申込書 (Wordファイル;45KB)にご記入の上、FAXまたはメールでお申込ください。
申込締切【10月10日(木)必着】
送付先:日本女性法律家協会
FAX:03-3437-6188/MAIL:ICD45507@nifty.com

主催

日本女性法律家協会
神奈川大学法学研究所,神奈川大学法学研究所国際人権センター

共催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

参加登録に関するお問い合わせ
日本女性法律家協会
 TEL:03-3578-1981/FAX:03-3437-6188
 MAIL:ICD45507@nifty.com