子どもの権利条約採択30周年記念シンポジウム 子どもの権利~いまとこれから

 

本年は、子どもの権利条約が国連総会で採択されて30周年、日本が同条約を批准して25周年の節目の年に当たります。


しかしながら、本年3月に国連子どもの権利委員会から日本政府の報告に対する総括所見が出され、日本国内における子どもの権利に関する諸課題が明らかにされています。


本シンポジウムでは、子どもの権利条約採択30周年を祝うとともに、今後一層、子どもの権利条約が日本国内に浸透するために、我々が取り組むべき課題を皆様とともに考えたいと思います。


皆様奮ってご参加ください。

 


日時

2019年8月27日(火) 17時30分~20時00分

場所

弁護士会館2階講堂クレオBC→会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」B1-b出口直結) 

参加費

参加無料・事前申込不要

内容

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;938KB)


基調講演
テーマ
「国連子どもの権利委員会の役割と日本における課題」
講師:大谷 美紀子 弁護士
  (東京弁護士会所属・国連子どもの権利委員会委員)


パネルディスカッション
テーマ
「子どもの権利保障のために私たちにできること」
パネリスト:
田沢 茂之 氏
  (NPO法人子どもすこやかサポートネット代表理事 兼コーディネーター)
松宮 徹郎 弁護士
  (東京弁護士会所属・NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク理事)
渡辺 由美子 氏
  (NPO法人キッズドア理事長)
大谷 美紀子 弁護士


  

主催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第一課
TEL 03-3580-9500

  

個人情報取り扱いについての記載:

日本弁護士連合会ではシンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影および録音を行っております。撮影した写真・映像および録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者に申し出てください。
報道機関による取材も予定されており、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者に申し出てください。