行政不服審査法シンポジウム-行政不服審査会の取組と諸課題、5年後見直しに向けて-

2016年4月1日に改正行政不服審査法が施行されてから3年を迎えます。改正法は、簡易迅速さという不服審査の利点を維持しつつ、その公正さを担保するため、審理員による審理手続と、行政不服審査会等への諮問手続という、2つの新制度を導入しました。


本シンポジウムでは、行政不服審査会の取組に焦点を当てます。


第1部では、47都道府県の行政不服審査会へのアンケート結果を中心に、その取組・実践に関する報告を行います。また、5年後見直しに向け、行政不服審査会をめぐる諸課題を整理し、見直し案を提示する予定です。


第2部では、パネルディスカッションを通じて行政不服審査会の取組・実践を共有し、そのあるべき運用等について議論を深めます。

どうぞご参加ください。

 

日時

2019年5月23日(木) 13時00分~16時00分(12時45分受付開始予定)

場所

弁護士会館2階講堂「クレオ」A  arrow_blue_2.gif会場地図

東京都千代田区霞が関1-1-3 地下鉄「霞ヶ関駅」 B1b出口直通

参加費

無料

参加対象・人数

どなたでもご参加いただけます。

内容

【第1部】報告 
 1 行政不服審査会の取組・実践(都道府県へのアンケート結果を中心に)
   水野泰孝(行政訴訟センター事務局長)
 2 5年後見直しの課題とたたき台の提案
   湯川二朗(行政訴訟センター副委員長)
 
【第2部】パネルディスカッション
≪パネリスト≫
    ・髙橋滋(東京都行政不服審査会会長、法政大学法学部教授)
    ・水地啓子(神奈川県行政不服審査会委員、神奈川県弁護士会)
    ・中川元(元大阪府行政不服審査会委員、大阪弁護士会)
≪コーディネーター≫
     ・湯川二朗(行政訴訟センター副委員長)


icon_pdf.gif チラシ (PDFファイル;704KB)

※上記内容は変更となる可能性があります。

申込方法

事前申込不要(直接会場までお越しください。)
※席数は余裕をもってご用意しておりますが、満席の場合は入場いただけないことがあります。あらかじめご了承ください。
※会員の方は、所属弁護士会からテレビ会議で視聴いただける場合がございます。接続可否も含め、5月10日(金)までに所属弁護士会にお問い合わせください。なお、テレビ会議接続先からのご発言を承ることができません。

主催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会法制部法制第一課
 TEL 03-3580-9958



日本弁護士連合会では、市民集会の内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影および録音を行っております。撮影した写真・映像および録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者に申し出てください。
報道機関による取材の可能性もあり、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者に申し出てください。