新しい学習指導要領を考える ~法教育セミナーin広島~ 

 


2019年5月18日(土)に、「法教育セミナー」を開催します。


法教育は、子ども達に法や司法制度の基礎にある考え方(自由・公正・正義等)を理解してもらい、法的なものの見方や考え方を身につけてもらうための教育です。


日弁連では、小学校・中学校・高等学校の教員のみなさま、法教育に関心・実績のある弁護士の方を対象に、法教育セミナーを開催することとしました。


セミナーには、多くの人が疑問や不安に思っている「学習指導要領はどう変わるのか?」「新しい学習指導要領ではどんな授業をすれば良いのか?」へのヒントがあります。教科書の執筆者である福井大学の橋本康弘教授の講演や、実際の授業の実演を行います。また、弁護士・教員による授業実践例の報告や意見交換もあります。


さらに、プレイベントとして初心者向けセミナーと模擬調停授業体験を実施します。初心者セミナーは、これから法教育に取り組みたい教員や、法教育がどのようなものかを知りたい弁護士・学生を対象とした法教育の解説です。模擬調停授業体験は、参加者が当事者となって模擬調停の授業を実体験できます。


参加費は無料です。以下のチラシ兼申込書、またはWEB申込フォームからお申し込みください。


小学校・中学校・高等学校の教員のみなさま、法教育に関心のある・実績のある弁護士の方は、ぜひふるってご参加ください!

 



日時

2019年5月18日(土)

プレイベント(初心者セミナー/模擬調停)10時30分~12時00分
法教育セミナー 13時~17時

場所

広島弁護士会館
(住所:広島市中区上八丁堀2-73)


 【アクセス】
○JR JR新白島駅から徒歩10分
○バス広島駅南口⑦⑧⑨いずれかの乗り場から「合同庁舎」前で下車、徒歩10分
○路面電車 広島駅南口より「宮島行」または「己斐行」→「八丁堀」で下車、徒歩20分(または「白島線」に乗り換えて「家庭裁判所前」下車、徒歩10分)
○アストラムライン 城北駅で下車、徒歩7分


参加費・受講料

無料

内容

**プログラム(予定)**


<初心者セミナ-> 
 講師:村松 剛(日弁連市民のための法教育委員会委員)


<模擬調停授業体験>
 民事模擬調停を実際に行い、参加者に体験していただきます。
 体験後に意見交換会を行います。


<法教育セミナー> 
 講演:橋本 康弘(福井大学学術研究院教育・人文社会系部門教授)
 模擬授業:石垣 正純(弁護士・元教員)
 各種報告:教員による授業実践例と弁護士による法教育活動の紹介


申込方法

チラシ兼申込書、またはWEB申込フォームからお申し込みください


icon_pdf.gif チラシ兼申込書 (PDFファイル;1.2MB)

icon_page.png WEB申込フォーム
 

応募締切:5月7日(火) 
 (模擬調停授業体験の定員は先着10名)

主催 日本弁護士連合会

共催(予定)

広島弁護士会 中国地方弁護士会連合会
後援(予定)

広島県教育委員会 広島市教育委員会 法務省 法と教育学会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 法制部法制第一課 

TEL 03-3580-9978


個人情報取り扱いについての記載:
ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理いたします。また、この個人情報に基づき、日本弁護士連合会または日本弁護士連合会が委託した第三者から、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他日本弁護士連合会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。
なお、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります。