院内集会「権利性が明確な『生活保障法』の制定を!~日弁連『生活保護法改正要綱案(改訂版)』を題材に~」

 

生活保護をめぐっては、この間、生活保護基準の引下げや不正受給対策を強化する法改正等が相次いでいますが、日弁連は、2006年11月から、生存権保障を強化する観点から「生活保護法改正要綱案」を作成・公表してきました。


今般、その改訂版の作成を契機に、改めて、あるべき法制度について、皆さまとともに考えたいと思います。ぜひご参加ください!


 

日時

2019年5月15日(水) 17時30分~19時00分 (17時10分開場予定)

場所

衆議院第2議員会館第1会議室

(【最寄り】地下鉄丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前」駅、地下鉄有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町」駅)

参加費・受講料

無料

参加対象・人数

先着100名

内容

リレー報告と意見交換・質疑

①「生活保護法改正要綱案(改訂版)の内容」
  日弁連貧困問題対策本部委員 

②「“死角地帯”(漏給層)解消を目指す韓国の取組」
  五石敬路氏(大阪市立大学准教授)

③「ケースワーカーの人員と専門性の確保」
  桜井啓太氏(立命館大学准教授・元堺市ケースワーカー)


申込方法 

PDFファイル事前申込要 チラシ兼申込書 (PDFファイル;786KB)

主催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第一課
TEL 03-3580-9857

個人情報取り扱いについての記載:

※ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理し、本院内集会の参加者の把握および事務連絡の目的以外には使用いたしません。
※日弁連では、本院内集会の内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影および録音を行っております。撮影した写真・映像および録音した内容は、日弁連の会員向けの書籍のほか、日弁連のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。また、報道機関による取材が行われる場合、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお申し出ください。