シンポジウム「海と島の観光資源の持続的活用を考える」

 


日弁連では、本年4月、美しいサンゴ礁に囲まれた石垣島にて、観光と開発を考える下記シンポジウムを開催します。国際的な観光ブームに沸く沖縄。観光の目玉たるサンゴ礁をどうやって守り、地域振興に役立てていくか。みんなで考えたいと思い、企画しました。ぜひ奮ってご参加ください。 



日時

2019年4月7日(日)13時~16時10分(開場12時30分)

場所

石垣市民会館中ホール(沖縄県石垣市浜崎町1-1-2)

参加費

無料

参加対象・人数

どなたでもご参加いただけます。

内容(予定)

<基調報告1>
  「沖縄の珊瑚の特徴と保護の必要性」
  大久保 奈弥 氏(東京経済大学経済学部准教授)


<基調報告2>
  「島の観光資源を持続的に利用するための方法と戦略」
  田中 俊徳 氏(東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授)


<パネルディスカッション>
  大久保 奈弥 氏
  田中 俊徳 氏
  新里 昌央 氏(白保魚湧く海保全協議会会長)
    ほか自治体等を予定  
  コーディネーター 菅野 庄一(日弁連公害対策・環境保全委員会委員)


icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;1.3MB)

申込方法

事前申込不要(当日会場にお越しください)

主催 日本弁護士連合会
問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL 03-3580-9982  

FAX 03-3580-2896



個人情報取り扱いについての記載:
日本弁護士連合会では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影および録音を行っております。撮影した写真・映像および録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向け書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。また、報道機関による取材が行われる場合、撮影された映像・画像はテレビ・新聞等の各種媒体に使用されることがあります。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお申し出ください。