報告会:国連女性差別撤廃委員会

 

2008年から国連女性差別撤廃委員会(CEDAW)委員を務められ、2015年からは同委員会委員長も務められた林陽子弁護士が任期を終えられました。林弁護士の10年に渡る任期中のさまざまなご経験談を伺える貴重な機会ですので、ぜひ、お誘い合わせの上ご参加ください。

 

日時

2019年2月25日(月) 19時00分~20時30分

場所

弁護士会館17階 1701会議室 →会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費・受講料

無料

参加対象・人数

法曹関係者、司法修習生、法科大学院生、法学部生 ※定員100名

講師 

林 陽子 弁護士(第二東京弁護士会)

内容

国連女性差別撤廃委員会(CEDAW)はこれまで日本政府に対し、民法改正(選択的夫婦別姓制度の導入、婚外子相続分差別の廃止、再婚禁止期間の廃止等)、刑法改正(強姦罪、人身取引罪の強化)、意思決定へのポジティブ・アクションの導入を求める等、日本における女性差別撤廃の重要な推進力となっています。林陽子弁護士の10年に渡る任期中のさまざまなご経験談を伺います。

申込方法

2月18日(月)までにFAX(03-3437-6188)にて、日本女性法律家協会までお申し込みください。

 

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;180KB)

主催

日本女性法律家協会

共催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本女性法律家協会
TEL 03-3578-1981

FAX 03-3437-6188



個人情報取り扱いについての記載:
ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理いたします。また、この個人情報に基づき、日本弁護士連合会または日本女性法律家協会から、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他日本弁護士連合会または日本女性法律家協会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。