国際シンポジウム「揺さぶられっ子症候群(SBS)を知っていますか」

 


近年、我が国ではShaken Baby Syndrome(揺さぶられっ子症候群、SBSと略される。)によって保護者らが虐待を疑われるケースが注目を浴びています。
子育て世代や子どもの福祉・医療に携わるすべての人に知っていただきたいお話です。
ぜひ、ご参加ください。

 

日時

2019年2月16日(土) 13時00分~18時00分

場所

弁護士会館2階講堂 クレオBC →会場地図

千代田区霞が関1-1-3 (地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

受講料

無料・事前申込不要

参加対象

どなたでもご参加いただけます。

講師 

●海外登壇者

ウェイニー・スクワイヤー[Waney Squier]
  元オクスフォード大学ジョン・ラドクリフ病院医師(神経病理学)
アンダース・エリクソン[Anders Eriksson]
  ウメオー大学教授(法医学)


●国内登壇者(研究者)

埜中 正博(関西医科大学医学部教授)
笹倉 香奈(甲南大学法学部教授)


●国内登壇者(弁護士)

秋田 真志(大阪弁護士会)
岩佐 嘉彦(同上)
陳     愛(同上)
川上 博之(同上)
宇野 裕明(同上)

内容(予定)

・SBSに関する基本的知識の説明
・海外におけるSBS議論状況についての報告
・日本におけるSBSについてのパネルディスカッション


icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;591KB)

主催

日本弁護士連合会/龍谷大学犯罪学研究センター

共催

東京弁護士会/第一東京弁護士会/第二東京弁護士会/龍谷大学矯正・保護センター刑事司法未来プロジェクト(弁護士金子武嗣基金)/えん罪救済センター

お問い合わせ先

日本弁護士連合会法制部法制第二課 

TEL 03-3580-9382



個人情報取り扱いについての記載:
日本弁護士連合会では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影および録音を行っております。撮影した写真・映像および録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向け書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。また、報道機関による取材が行われる場合、撮影された映像・画像はテレビ・新聞等の各種媒体に使用されることがあります。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお申し出ください。