連続シンポジウム 「地域で防ごう! 消費者被害 in 千葉」

 


悪質商法や特殊詐欺の手口が巧妙化するに伴い、高齢者の被害を中心に、消費者被害が急増しています。消費者被害の予防と回復のためには、地域の関連団体が相互に連携していくことが必要不可欠です。


日本弁護士連合会では、地域の関連団体の連携強化のために、各都道府県の弁護士会と協力して連続シンポジウムを実施しておりますが、この度、千葉県においてシンポジウムを実施することといたしました。


関連団体の皆様・市民の皆様のご参加を心よりお待ちしております。


日時

2018年11月10日(土)  午後1時30分~午後4時30分

場所

千葉県弁護士会3階講堂
(千葉市中央区中央4-13-9)

参加費等

参加費無料・事前申込不要

内容

○基調報告「被害防止の手法と取組みについて」

  国府 泰道 氏(弁護士・大阪弁護士会)

○消費者庁からの報告   

  梅田 政徳 氏(消費者教育地方協力課課長補佐)

○その他、参加団体による各種報告など


icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;299KB)

主催

千葉県弁護士会、日本弁護士連合会

共催(予定含む)

関東弁護士会連合会、一般財団法人日本消費者協会、一般社団法人全国消費者団体連絡会、公益社団法人全国消費生活相談員協会、主婦連合会、全国消費者協会連合会、公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会、日本生活協同組合連合会、全国消費者行政ウォッチねっと、全国地域婦人団体連絡協議会、日本司法書士会連合会、全国青年司法書士協議会、日本退職者連合、労働者福祉中央協議会

後援(予定含む) 

消費者庁、内閣府消費者委員会事務局、独立行政法人国民生活センター、千葉県、千葉市、船橋市、富里市、旭市、公益財団法人全国防犯協会連合会、公益財団法人全国老人クラブ連合会、社会福祉法人全国社会福祉協議会、全国自治会連合会、全国民生委員児童委員連合会、千葉司法書士会、千葉青年司法書士協議会、千葉県中核地域生活支援センター連絡協議会、公益財団法人千葉県老人クラブ連合会、特定非営利活動法人消費者市民サポートちば、一般社団法人千葉県労働者福祉協議会、ちば菜の花の会、消費者行政充実ネットちば、富里市消費者行政推進連絡協議会、船橋市消費者安全確保地域協議会、社会福祉法人千葉県社会福祉協議会、千葉県教職員組合、千葉県退職者連合

お問い合わせ先

千葉県弁護士会

TEL 043-227-8431