【弁護士・企業関係者対象】シンポジウム「ボード・ダイバーシティの意義を再考する~コーポレートガバナンス・コード改訂を踏まえて~」

 

2018年6月、東京証券取引所のコーポレートガバナンス・コードが改定され、取締役会にジェンダーの多様性の必要性が初めてうたわれることとなり、ボード・ダイバーシティの重要性への注目度が高まっていることを踏まえ、基調報告やパネルディスカッションを通してボード・ダイバーシティの重要性を再考します。


また、本シンポジウムでは、日弁連による女性社外役員候補者名簿提供事業のご紹介もいたします。女性社外役員の導入をご検討中の企業関係者の皆様や、女性社外役員になることに関心をお持ちの女性弁護士の皆様は、ぜひご参加ください。シンポジウム終了後には、ネットワーキングの場として会場内で名刺交換や懇談の場を設ける予定です。多数のご参加をお待ちしています。

 

日時

2018年10月15日(月) 17時30分~20時(17時15分開場)

※シンポジウム終了後30分程度、会場内で名刺交換・懇談の機会を設ける予定です。

場所

弁護士会館17階1701会議室 →会場地図(千代田区霞が関1-1-3) 

※地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結

参加費・受講料

無料

参加対象・人数

上場企業等関係者・弁護士(定員100名・事前申込制・先着順)

内容

(1)基調講演

  岩田 喜美枝 氏(東京都監査委員、キリンホールディングス株式会社社外取締役、

           株式会社ストライプインターナショナル社外取締役、

           住友商事株式会社社外取締役)


(2)女性弁護士社外役員候補者名簿提供事業について

  金野 志保(弁護士、株式会社カカクコム社外取締役、アルフレッサホールディングス

        株式会社社外取締役、マネックスグループ株式会社社外取締役、

        株式会社新生銀行社外監査役)


(3)パネルディスカッション

  ◆パネリスト◆

  岩田 喜美枝 氏(基調報告者)

  高山 与志子 氏(ジェイ・ユーラス・アイアール株式会社マネージング・ディレクター及び取締役、

           ボードルーム・レビュー・ジャパン株式会社代表取締役)

  斎藤 敏一 氏(株式会社ルネサンス代表取締役会長)

  早稲田 祐美子 氏(弁護士、アサヒグループホールディングス株式会社社外監査役)

  山神 麻子 氏(弁護士、武蔵精密工業株式会社社外取締役・監査等委員)

  ◆コーディネーター◆

  佐藤 泉(弁護士、株式会社荏原製作所社外取締役)


  ※シンポジウム終了後、名刺交換・懇談の機会を設けます。

申込方法

以下のいずれかの方法でお申し込みください。 【申込期限:10月9日(火)】→定員に達したため、申込みを締め切りました。


①以下のWEB申込みフォームへご入力ください。


icon_page.png【お申込みはこちらから】


②チラシ兼申込書に必要事項を記入の上、FAX(03-3580-2896)でご送付ください。


【チラシ(PDF)】 (PDFファイル;384KB)


主催

日本弁護士連合会

共催(予定)

東京弁護士会 第一東京弁護士会 第二東京弁護士会 神奈川県弁護士会

栃木県弁護士会 大阪弁護士会 兵庫県弁護士会 福岡県弁護士会

後援

内閣府男女共同参画局 公益社団法人経済同友会 日本商工会議所 一般社団法人ジャパンダイバーシティネットワーク 特定非営利活動法人日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク 日本女性法律家協会 日本組織内弁護士協会

(後援予定)経済産業省

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL:03-3580-9510  FAX:03-3580-2896

  

個人情報取り扱いについての記載:

ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理いたします。

また、この個人情報に基づき、日本弁護士連合会または日本弁護士連合会が委託した第三者から、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他日本弁護士連合会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。

なお、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります。

日本弁護士連合会では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影および録音を行っております。撮影した写真・映像および録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日弁連のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。また、報道機関による取材が行われる場合、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお申し出ください。