シンポジウム「なぜ、女性差別撤廃条約選択議定書の批准は必要か」 ~パトリシア・シュルツ国連女性差別撤廃委員会個人通報作業部会長と考える~         

 


パトリシア・シュルツ国連女性差別撤廃委員会個人通報作業部会長をお招きし、選択議定書批准の必要性を中心に、女性差別撤廃委員会からの要請や日本の現状等について考える大変貴重な機会となります。ぜひ多くの方のご参加をお待ちしております。


日時

2018年10月2日(火)18:00〜20:00(開場17:45)

場所

弁護士会館17階 1701会議室 →会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費・受講料

無料

参加対象・人数

定員100人。どなたでもご参加いただけます

内容

第1部 講演(英語で実施・日本語通訳あり)
「なぜ、女性差別撤廃条約選択議定書の批准は必要か」
講師/パトリシア・シュルツ氏(スイス・国連女性差別撤廃委員会個人通報作業部会長)
逐次通訳/板倉 由実氏(東京弁護士会・日弁連両性の平等に関する委員会特別委嘱委員)


第2部 報告・パネルディスカッション(日本語で実施・英語からの通訳あり)
① 女性差別撤廃条約選択議定書批准に関する日本の現状と
   女性差別撤廃委員会からの要請
② 個人通報制度についての日弁連の活動状況について
③ 女性差別撤廃条約選択議定書批准へのNGO活動について
コーディネーター/山下泰子氏(文京学院大学名誉教授)
パネリスト
 パトリシア・シュルツ氏(スイス・国連女性差別撤廃委員会個人通報作業部会長)
 大川 秀史氏(東京弁護士会・日弁連自由権規約個人通報制度等実現委員会事務局次長)
 柚木康子氏(日本女性差別撤廃条約NGOネットワーク・共同代表世話人)


icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;255KB)

申込方法

事前申込不要

主催

日本弁護士連合会

共催

日本女性差別撤廃条約NGOネットワーク、国際女性の地位協会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第二課  

TEL 03-3580-9941 



日本弁護士連合会では、シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影および録音を行っております。撮影した写真・映像および録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者に申し出てください。
報道機関による取材も予定されており、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者に申し出てください。