取調べの全件可視化を求める市民集会 「もっと早く可視化されていれば… -なぜ彼らは問題の自白をしたか-」

 


2016年の刑事訴訟法改正により、取調べの録音・録画の義務化が2019年6月までに施行されることとなりました。しかし、その対象事件は、公判請求全事件の3%弱にすぎません。
そこで、足利事件と今市事件を取り上げ、改正法の対象事件の範囲ではなぜ問題なのかを明らかにします。そして、全事件での可視化の実現に向けて、これからの刑事司法のあり方を一緒に考えたいと思います。
ぜひご参加ください。


このイベントの様子はUSTREAM(ユーストリーム)にて動画配信いたします。
インターネットに接続できる環境があれば、個人のパソコンから下記URLにアクセスすることで、どなたでも視聴可能です。同日会場にお越しになることが難しい方は、ぜひこちらをご覧ください。


icon_page.pngUSTREAM(ユーストリーム)


日時

2018年9月25日(火)18時30分~20時30分 (18時15分開場)

場所

弁護士会館2階講堂「クレオ」 →会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)


※B1-b出口には、エレベータがございません。車いすをご利用の方は、桜田通り方面改札を出ていただき、A1出口にあるエレベータで地上に上がり、弁護士会館1階のエントランスからお入りください。

参加費

入場無料

参加対象

どなたでも参加いただけます

内容

◆足利事件
  菅家利和さん(当事者)
  泉澤章さん(再審弁護人)
◆今市事件
  今村核さん(控訴審弁護人)

 ※今村核さんは、急遽ご登壇がキャンセルとなりました。
◆パネルディスカッション
 「一度『自白』をしてしまうと、なぜ捜査段階でこれを撤回することは困難なのか」
<パネリスト>
  浜田寿美男さん(奈良女子大学名誉教授)
  泉澤章さん(足利事件再審弁護人)
  今村核さん(今市事件控訴審弁護人)
  小坂井久さん(弁護士・大阪弁護士会)
<コーディネーター>
  森直也さん(弁護士・大阪弁護士会)


 icon_pdf.gif会場地図・チラシ (PDFファイル;431KB)

申込方法

事前申込不要

主催

日本弁護士連合会

共催

東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 法制部法制第二課

TEL 03-3580-9904



※ユーストリームについて
インターネット回線の状況等によっては、映像や音声の切断が生じる可能性がありますので、ご了承ください。


※個人情報の取り扱いについて
日本弁護士連合会では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影および録音を行っております。撮影した写真・映像および録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。また、報道機関による取材が行われる場合、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお申し出ください。