ABSに係る規程改正および外国法事務弁護士事務所名称の説明会

 

一定の例外を除いて、外国法事務弁護士が外国においてもABSに所属することが認められないことが、外国法事務弁護士職務基本規程上明文化され、2018年4月1日から施行になります。このため、今後、外国法事務弁護士として登録する方の手続が変更となり、既登録の外国法事務弁護士についても、外国における所属事業体のある方は2週間以内に一定の書面の提出が必要になります。そこで、新たな制度の概要、必要となる手続等の説明会を開催いたします。
 

また、当日は「外国法事務弁護士事務所名称にかかる留意事項」についても解説いたしますので、ぜひご参加ください。


日時

2017年12月6日(水) 18時00分~20時00分

場所

弁護士会館17階1701会議室 →会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費

参加無料

参加対象・人数

外国法事務弁護士(登録を検討されている方を含む)・弁護士の方・これらの事務所の方

事前のお申し込みが必要です

内容

1 ABSに係る手続き等のご案内

2 外国法事務弁護士事務所名称にかかる留意事項のご案内

言語 日本語
申込方法

添付申込用紙に必要事項をご記入のうえ、日弁連国際課(FAX 03-3580-9840)までご送付ください。(申込締切:11月30日(木)


 チラシ兼申込書 (PDFファイル;228KB)

 Flyer (PDFファイル;143KB)


また、本シンポジウムは、日弁連のテレビ会議システムを利用した中継を予定しております。テレビ会議での参加をご希望の方はご所属の弁護士会へお問い合わせください。


主催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 国際課

TEL 03-3580-9741 

(テレビ会議接続に関するお問い合わせは、ご所属の弁護士会へお願いいたします。)